日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

スイニー錠100mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:アナグリプチン錠

製薬会社:三和化学研究所

薬価・規格: 62.2円(100mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

DPP-4阻害薬詳しく見る

  • 体内でインスリン分泌を促す物質の作用を強め、血糖値を下げる薬
DPP-4阻害薬の代表的な商品名
  • グラクティブ,ジャヌビア
  • エクア
  • ネシーナ
  • トラゼンタ
  • テネリア
  • スイニー
  • オングリザ
  • ザファテック
  • マリゼブ

効能・効果詳しく見る

  • 2型糖尿病

注意すべき副作用詳しく見る

便秘便潜血陽性腹痛下痢胃炎腹部不快感血中アミラーゼ上昇悪心腸炎鼓腸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する
    • なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重症感染症
    • 重症ケトーシス
    • 重篤な外傷
    • 手術前後
    • 糖尿病性前昏睡
    • 糖尿病性昏睡
    • 1型糖尿病
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用

便秘便潜血陽性腹痛下痢胃炎腹部不快感血中アミラーゼ上昇悪心腸炎鼓腸消化性潰瘍

重大な副作用

低血糖重篤な低血糖症状低血糖症状意識消失腸閉塞高度便秘腹部膨満持続する腹痛嘔吐急性膵炎持続的な激しい腹痛類天疱瘡水疱糜爛

上記以外の副作用

消化不良胃食道逆流性疾患過敏症発疹そう痒ALT上昇AST上昇γ−GTP上昇眩暈貧血白血球数増加鼻咽頭炎浮腫CK上昇CPK上昇尿中血陽性血中尿酸上昇血中クレアチニン上昇蜂巣炎腎嚢胞倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 重症感染症
    • 重症ケトーシス
    • 重篤な外傷
    • 手術前後
    • 糖尿病性前昏睡
    • 糖尿病性昏睡
    • 1型糖尿病
  • 慎重投与
    • 栄養不良状態
    • 過度のアルコール摂取
    • 飢餓状態
    • 腸閉塞
    • 脳下垂体機能不全
    • 激しい筋肉運動
    • 不規則な食事摂取
    • 副腎機能不全
    • 食事摂取量不足
    • 重度腎機能障害
    • 腹部手術
    • インスリン製剤投与中
    • 透析中の末期腎不全
    • スルホニルウレア剤投与中
    • 速効型インスリン分泌促進剤投与中
  • 注意
    • 重度腎機能障害
    • 末期腎不全
    • クレアチニンクリアランス<30mL/分
    • 血清クレアチニン値>2.0mg/dLの女性
    • 血清クレアチニン値>2.4mg/dLの男性
    • 重度以上の腎機能障害
  • 投与に際する指示
    • 重度腎機能障害
    • 末期腎不全
    • クレアチニンクリアランス<30mL/分
    • 血清クレアチニン値>2.0mg/dLの女性
    • 血清クレアチニン値>2.4mg/dLの男性
    • 重度以上の腎機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
    • 虚弱者(衰弱者を含む)

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 血清クレアチニン値>2.4mg/dLの男性
    • 血清クレアチニン値>2.0mg/dLの女性
  • 投与に際する指示
    • 血清クレアチニン値>2.4mg/dLの男性
    • 血清クレアチニン値>2.0mg/dLの女性

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
糖尿病用薬 低血糖症状
スルホニルウレア系薬剤 低血糖症状
α−グルコシダーゼ阻害剤 低血糖症状
ビグアナイド系製剤 低血糖症状
チアゾリジン系薬剤 低血糖症状
速効型食後血糖降下剤 低血糖症状
GLP−1アナログ 低血糖症状
SGLT2阻害剤 低血糖症状
インスリン製剤 低血糖症状
スルホニルウレア系薬剤 低血糖のリスクが増加
速効型食後血糖降下剤 低血糖のリスクが増加
インスリン製剤 低血糖のリスクが増加
糖尿病用薬及び糖尿病用薬の血糖降下作用を増強する薬剤 血糖降下作用の増強により更に血糖が低下
β−遮断剤 血糖降下作用の増強により更に血糖が低下
サリチル酸製剤 血糖降下作用の増強により更に血糖が低下
モノアミン酸化酵素阻害剤 血糖降下作用の増強により更に血糖が低下
フィブラート系薬剤 血糖降下作用の増強により更に血糖が低下
糖尿病用薬及び糖尿病用薬の血糖降下作用を減弱する薬剤 血糖降下作用の減弱により血糖が上昇
エピネフリン 血糖降下作用の減弱により血糖が上昇
副腎皮質ホルモン剤 血糖降下作用の減弱により血糖が上昇
甲状腺ホルモン剤 血糖降下作用の減弱により血糖が上昇
ジゴキシン 血漿中濃度がわずかに増加

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    2型糖尿病。

    用法・用量(添付文書全文)

    アナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    腎機能障害患者では、排泄の遅延により本剤の血中濃度が上昇するため、重度以上の腎機能障害患者では、次を目安に用量調節する。
    重度腎機能障害患者/末期腎不全患者:クレアチニンクリアランス<30mL/分、血清クレアチニン値>2.4mg/dLの男性、血清クレアチニン値>2.0mg/dLの女性;投与量100mg、1日1回。
    末期腎不全患者については、血液透析との時間関係は問わない。
    血清クレアチニン値:クレアチニンクリアランスに相当する換算値(年齢60歳、体重65kg)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    国内で実施された臨床試験において、1,179例中282例(23.9%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は低血糖症79例(6.7%)、便秘33例(2.8%)、便潜血陽性20例(1.7%)等であった[効能追加承認時]。
    1.重大な副作用
    1).低血糖:本剤の投与により低血糖が現れることがある。スルホニルウレア剤との併用で重篤な低血糖症状が現れ、意識消失を来す例も報告されていることから、スルホニルウレア剤と併用する場合には、スルホニルウレア剤の減量を検討する。低血糖症状が認められた場合には、糖質を含む食品を摂取するなど適切な処置を行う。但し、α−グルコシダーゼ阻害剤との併用により低血糖症状が認められた場合には、ブドウ糖を投与する。
    2).腸閉塞(頻度不明):腸閉塞が現れることがあるので、観察を十分に行い、高度便秘、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).急性膵炎(頻度不明):急性膵炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、持続的な激しい腹痛、嘔吐等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).類天疱瘡(頻度不明):類天疱瘡が現れることがあるので、水疱、糜爛等が現れた場合には、皮膚科医と相談し、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).消化器:(0.1〜5%未満)便秘、下痢、胃炎、腹部膨満、腹痛、腹部不快感、血中アミラーゼ上昇、悪心・嘔吐、腸炎、鼓腸、消化性潰瘍、消化不良、胃食道逆流性疾患。
    2).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、そう痒[症状が現れた場合には投与を中止する]。
    3).肝臓:(0.1〜5%未満)ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)、γ−GTP上昇。
    4).精神神経系:(0.1〜5%未満)眩暈。
    5).血液:(0.1〜5%未満)貧血、白血球数増加。
    6).その他:(0.1〜5%未満)便潜血陽性、鼻咽頭炎、浮腫、CK上昇(CPK上昇)、尿中血陽性、血中尿酸上昇、血中クレアチニン上昇、蜂巣炎、腎嚢胞、(頻度不明)倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は糖尿病性前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]。
    3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンによる血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]。
    (慎重投与)
    1.重度腎機能障害のある患者又は透析中の末期腎不全患者。
    2.スルホニルウレア剤投与中、速効型インスリン分泌促進剤投与中又はインスリン製剤投与中の患者[低血糖のリスクが増加する恐れがある]。
    3.次に掲げる患者又は状態:
    1).脳下垂体機能不全又は副腎機能不全[低血糖を起こす恐れがある]。
    2).栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量不足又は衰弱状態[低血糖を起こす恐れがある]。
    3).激しい筋肉運動[低血糖を起こす恐れがある]。
    4).過度のアルコール摂取者[低血糖を起こす恐れがある]。
    4.腹部手術の既往又は腸閉塞の既往のある患者[腸閉塞を起こす恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用にあたっては、患者に対し低血糖症状及びその対処方法について十分説明する。特にスルホニルウレア剤と併用、速効型インスリン分泌促進剤と併用又はインスリン製剤と併用する場合、低血糖のリスクが増加する恐れがあるので、これらの薬剤による低血糖のリスクを軽減するため、スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤又はインスリン製剤と併用する場合には、スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤又はインスリン製剤の減量を検討する。
    2.急性膵炎が現れることがあるので、持続的な激しい腹痛、嘔吐等の初期症状が現れた場合には、速やかに医師の診察を受けるよう患者に指導する。
    3.糖尿病の診断が確立した患者に対してのみ適用を考慮する。糖尿病以外にも耐糖能異常・尿糖陽性等、糖尿病類似の症状(腎性糖尿、甲状腺機能異常等)を有する疾患があることに留意する。
    4.本剤の適用はあらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行った上で効果が不十分な場合に限り考慮する。
    5.本剤投与中は、血糖を定期的に検査するとともに、経過を十分に観察し、常に投与継続の必要性について注意を払う。本剤を2〜3カ月投与しても効果が不十分な場合には、より適切と考えられる治療への変更を考慮する。
    6.投与の継続中に、投与の必要がなくなる場合があり、また、患者の不養生、感染症の合併等により効果がなくなったり、不十分となる場合があるので、食事摂取量、血糖値、感染症の有無等に留意の上、常に投与継続の可否、薬剤の選択等に注意する。
    7.低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業、自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意する。
    8.本剤とGLP−1受容体作動薬はいずれもGLP−1受容体を介した血糖降下作用を有しており、本剤とGLP−1受容体作動薬を併用した際の臨床試験成績はなく、有効性及び安全性は確認されていない。
    (相互作用)
    本剤は主に腎臓から未変化体又は代謝物として排泄され、その排泄には能動的な尿細管分泌の関与が推定される。
    併用注意:
    1.糖尿病用薬(スルホニルウレア剤、α−グルコシダーゼ阻害剤、ビグアナイド系薬剤、チアゾリジン系薬剤、速効型インスリン分泌促進剤、GLP−1受容体作動薬、SGLT2阻害剤、インスリン製剤等)[糖尿病用薬と本剤を併用する場合には、低血糖症状を発現する恐れがあるので、慎重に投与する(糖尿病用薬との併用により血糖降下作用が増強され、低血糖症のリスクが増加する恐れがある)。特に、スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤又はインスリン製剤と併用する場合、低血糖のリスクが増加する恐れがあるので、これらの薬剤による低血糖のリスクを軽減するため、スルホニルウレア剤、速効型インスリン分泌促進剤又はインスリン製剤の減量を検討する(糖尿病用薬との併用により血糖降下作用が増強され、低血糖症のリスクが増加する恐れがある)。α−グルコシダーゼ阻害剤との併用により低血糖症状が認められた場合にはショ糖ではなくブドウ糖を投与する(糖尿病用薬との併用により血糖降下作用が増強され、低血糖症のリスクが増加する恐れがある)]。
    2.血糖降下作用を増強する薬剤(β−遮断薬、サリチル酸製剤、モノアミン酸化酵素阻害薬、フィブラート系薬剤等)[これらの薬剤と本剤を併用する場合には、血糖降下作用の増強により更に血糖が低下する恐れがあるので、血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与する(これらの薬剤との併用により血糖降下作用が増強される恐れがある)]。
    3.血糖降下作用を減弱する薬剤(アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン等)[これらの薬剤と本剤を併用する場合には、血糖降下作用の減弱により血糖が上昇する恐れがあるので、血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与する(これらの薬剤との併用により血糖降下作用が減弱される恐れがある)]。
    4.ジゴキシン[本剤との併用によりジゴキシンの血漿中濃度がわずかに増加したとの報告があるので、適切な観察を行う(機序不明)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、副作用発現に留意し、経過を十分に観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与を考慮する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物実験(ラット)で胎仔への移行が報告されている]。
    2.授乳中の婦人には投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    雌雄ラットに本剤200、600、2000mg/kg/日(2000mg/kg/日群の雄は投与71週以降1000mg/kg/日に減量)を104週間反復経口投与したがん原性試験において、2000/1000mg/kg/日群の雄で肝臓血管肉腫の発生頻度が増加し、2000mg/kg/日群の雌(60例中1例)で同様の血管肉腫が認められた。また、2000/1000mg/kg/日群の雄で膀胱移行上皮乳頭腫の発生頻度に増加傾向が認められた。ラットに本剤2000又は1000mg/kg/日を反復経口投与したときの曝露量(AUC)は、臨床での最大投与量(1回200mg、1日2回)の200倍以上又は140倍以上であった。なお、マウスを用いたがん原性試験では、腫瘍の発生頻度増加は認められなかった。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1303
    2. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    3. 定年後の医師が気持ちよく働いてくれています シリーズ◎何でもPros Cons【医師のキャリア、どっちがいい?】 FBシェア数:35
    4. 第108回看護師国家試験、合格率は89.3% 5万6767人の新看護師が誕生、うち大卒は2万382人 FBシェア数:318
    5. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:44
    6. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:90
    7. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:107
    8. 外科医の自分を支える三階部分の認定医資格 シリーズ◎何でもPros Cons【専門医資格、どれくらい取得する?】 FBシェア数:11
    9. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:4
    10. 「学位は役に立たないから不要」はみみっちい? シリーズ◎何でもPros Cons【学位って取るべき?】 FBシェア数:23
    医師と医学研究者におすすめの英文校正