日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リフラップ軟膏5%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:リゾチーム塩酸塩軟膏

製薬会社:帝國製薬

薬価・規格: 36.2円(5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

褥瘡・皮膚潰瘍治療薬詳しく見る

  • 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける
褥瘡・皮膚潰瘍治療薬の代表的な商品名
  • ユーパスタ カデックス ヨードコート
  • ゲーベン
  • ブロメライン
  • プロスタンディン
  • フィブラスト

効能・効果詳しく見る

  • 下腿潰瘍
  • 静脈瘤症候群
  • 褥瘡
  • 帯状疱疹後潰瘍
  • 糖尿病性潰瘍
  • 熱傷潰瘍
  • 皮膚潰瘍
  • 放射線潰瘍
  • 外傷性皮膚潰瘍
  • 術後皮膚潰瘍
  • 薬物皮膚潰瘍

注意すべき副作用詳しく見る

接触性皮膚炎紅斑発赤皮膚水疱皮膚そう痒そう痒ショックアナフィラキシー様症状蕁麻疹チアノーゼ

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状及び病巣の広さに応じて適量を使用する
  • 原則として1日1〜数回潰瘍面を清拭消毒後、リント布又はガーゼなどにのばして患部に貼布するか、又は必要に応じて患部に直接塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 卵白アレルギー

副作用

主な副作用

接触性皮膚炎紅斑発赤皮膚水疱皮膚そう痒局所疼痛滲出液過多悪臭過敏症発熱

重大な副作用

そう痒ショックアナフィラキシー様症状蕁麻疹チアノーゼ意識低下血圧低下全身紅斑発汗

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 卵白アレルギー
  • 慎重投与
    • アトピー性皮膚炎
    • アレルギー
    • 気管支喘息
    • 食物アレルギー
    • 薬剤アレルギー

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    皮膚潰瘍[褥瘡、熱傷潰瘍、外傷性皮膚潰瘍、下腿潰瘍(静脈瘤症候群を含む)、その他皮膚潰瘍(帯状疱疹後潰瘍、放射線潰瘍、薬物皮膚潰瘍、糖尿病性潰瘍、術後皮膚潰瘍)]。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状及び病巣の広さに応じて適量を使用する。原則として1日1〜数回潰瘍面を清拭消毒後、リント布又はガーゼなどにのばして患部に貼布するか、又は必要に応じて患部に直接塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例8,742例中、87例(1.00%)の副作用が認められている。主な副作用は、接触性皮膚炎(紅斑、発赤、水疱、そう痒等)55件(0.63%)等であった(リフラップ軟膏再審査終了時)。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、そう痒、チアノーゼ、意識低下、血圧低下、全身紅斑、発汗等が現れた場合には本剤を創面から除去し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次記の症状が現れた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。
    1).皮膚:(0.1〜5%未満)接触性皮膚炎(紅斑、発赤、皮膚水疱、皮膚そう痒等)。
    2).使用部位:(0.1%未満)局所疼痛、滲出液過多、悪臭。
    3).過敏症:(0.1%未満)蕁麻疹。
    4).その他:(0.1%未満)二次感染による発熱[使用を中止し、抗生物質を投与するなどの適切な処置を行う]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.卵白アレルギーのある患者[本剤の成分は卵白由来の蛋白質で、卵白アレルギーを有する患者においてアナフィラキシー・ショックを含む過敏症状の報告がある]。
    (慎重投与)
    1.アトピー性皮膚炎、気管支喘息、薬剤アレルギー、食物アレルギー等のアレルギー性素因のある患者[アレルギー性素因のある患者は薬剤を含む各種アレルゲンに対して感作を受けやすく、アナフィラキシー様反応を起こす恐れがある]。
    2.両親、兄弟等がアレルギー症状の既往歴のある患者[アレルギー性素因が遺伝し、アレルギー症状を起こす恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    長期連用により貼布部位に発赤等の皮膚症状が出る可能性があるので、患部周辺の清拭消毒を頻回に行う。
    (適用上の注意)
    投与経路:本剤は眼には使用しない。
    (取扱い上の注意)
    1.寒冷時に軟膏がチューブから出にくい場合がある。
    2.小児の手の届かない所に保管する。
    3.酵素製剤のため貯法(室温保存)を厳守する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
    2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
    3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
    4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
    6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
    7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
    8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
    9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
    10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
    医師と医学研究者におすすめの英文校正