日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジトリペンタートカル静注1000mgの基本情報

基本情報

効能・効果
  • アメリシウムの体内汚染の軽減
  • プルトニウムの体内汚染の軽減
  • キュリウムの体内汚染の軽減
注意すべき副作用
頭痛 、 頭部ふらふら感 、 金属味 、 疲労感 、 手指のしびれ感 、 高カリウム血症 、 低血糖症 、 高尿酸血症 、 白血球数増加 、 片頭痛
用法・用量(主なもの)
  • 通常、ペンテト酸カルシウム三ナトリウムとして1000mgを1日1回点滴静注、又は緩徐に静脈内投与する
    • なお、患者の状態、年齢、体重に応じて適宜減量する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 治療開始後は尿中の放射能を適宜測定し、本剤の投与継続の必要性を考慮すること
  • 7.2. 超ウラン元素による体内汚染の軽減には、本剤又はペンテト酸亜鉛三ナトリウムのいずれかを投与することができるが、薬剤の選択に際しては、国内ガイドライン等を参考に、患者の状態等を考慮して判断すること
  • 7.3. 本剤は体内の亜鉛を排泄させる作用があるため、長期投与時には亜鉛欠乏に注意する必要がある(長期間の治療が必要な場合には、ペンテト酸亜鉛三ナトリウムへの切替えを考慮すること)
  • 7.4. 小児への投与に際しては、体重に応じて投与量を調節すること
  • 参考として、成人の体重を60kgとした場合、体重当たりの1回投与量は約17mg/kgに相当し、体重10kgでは約167mg、体重20kgでは約333mg、体重30kgでは500mgとなる〔9.7小児等の項参照〕

副作用

主な副作用
頭痛 、 頭部ふらふら感 、 金属味 、 疲労感 、 手指のしびれ感 、 高カリウム血症 、 低血糖症 、 高尿酸血症 、 白血球数増加 、 片頭痛 、 胸痛
上記以外の副作用
頻脈 、 喘鳴 、 発作性咳嗽 、 下痢 、 悪心 、 嘔吐 、 過敏症 、 全身性アレルギー反応 、 皮膚炎 、 そう痒感 、 アレルギー性皮膚反応 、 血尿 、 膿尿 、 糖尿 、 蛋白尿 、 毛髪成長減退 、 亜鉛欠乏

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 喘息
  • 注意
    • 腎機能障害
    • 喘息
    • プルトニウム・アメリシウム・キュリウム以外の超ウラン元素による体内汚染
    • プルトニウム・アメリシウム・キュリウム以外の放射性核種による体内汚染
患者の属性に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 妊婦・産婦
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 投与に際する指示
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

超ウラン元素(プルトニウム、アメリシウム、キュリウム)による体内汚染の軽減。
(効能又は効果に関連する注意)
プルトニウム・アメリシウム・キュリウム以外の放射性核種による体内汚染に対する本剤の有効性及び安全性は確認されていない。

用法・用量(添付文書全文)

通常、ペンテト酸カルシウム三ナトリウムとして1000mgを1日1回点滴静注、又は緩徐に静脈内投与する。
なお、患者の状態、年齢、体重に応じて適宜減量する。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 治療開始後は尿中の放射能を適宜測定し、本剤の投与継続の必要性を考慮すること。
7.2. 超ウラン元素による体内汚染の軽減には、本剤又はペンテト酸亜鉛三ナトリウムのいずれかを投与することができるが、薬剤の選択に際しては、国内ガイドライン等を参考に、患者の状態等を考慮して判断すること。
7.3. 本剤は体内の亜鉛を排泄させる作用があるため、長期投与時には亜鉛欠乏に注意する必要がある(長期間の治療が必要な場合には、ペンテト酸亜鉛三ナトリウムへの切替えを考慮すること)。
7.4. 小児への投与に際しては、体重に応じて投与量を調節すること。参考として、成人の体重を60kgとした場合、体重当たりの1回投与量は約17mg/kgに相当し、体重10kgでは約167mg、体重20kgでは約333mg、体重30kgでは500mgとなる〔9.7小児等の項参照〕。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 精神・神経系:(頻度不明)頭痛、頭部ふらふら感、金属味、疲労感、*手指のしびれ感[*:吸入投与でのみ認められた副作用]。
2). 血液:(頻度不明)高カリウム血症、低血糖症、高尿酸血症、*白血球数増加[*:吸入投与でのみ認められた副作用]。
3). 循環器系:(頻度不明)片頭痛、胸痛、頻脈。
4). 呼吸器:(頻度不明)喘鳴、*発作性咳嗽[*:吸入投与でのみ認められた副作用]。
5). 消化器:(頻度不明)下痢、悪心、嘔吐。
6). 過敏症:(頻度不明)全身性アレルギー反応、皮膚炎、*そう痒感[*:吸入投与でのみ認められた副作用]、アレルギー性皮膚反応。
7). 泌尿器:(頻度不明)血尿、膿尿、糖尿、蛋白尿。
8). その他:(頻度不明)毛髪成長減退、亜鉛欠乏。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. 腎機能に注意してモニタリングを行うこと。
8.2. 本剤投与中は、亜鉛欠乏等の金属欠乏をおこすことがあるため、血中濃度の推移を注意深くモニタリングし、必要に応じて亜鉛等の補充を考慮すること。
8.3. プルトニウム・アメリシウム・キュリウム以外の超ウラン元素による体内汚染に対する有効性に関して、ネプツニウムについては、ラットにネプツニウムとペンテト酸のキレート体を投与した試験においてネプツニウムとペンテト酸のキレート体は生体内で不安定である旨、ウランについてはペンテト酸を含む複数のキレート剤による排泄促進効果は明確にされていない旨が報告されている。
8.4. 体内汚染が吸入によって起こった場合、代替投与経路としてネブライザーを用いて本剤を吸入投与できることが報告されている。本剤を吸入投与する場合、本剤を同容量の注射用水又は生理食塩液で希釈すること。なお、喘息の既往歴のある患者では吸入投与により喘息悪化を伴う可能性があるため、慎重に投与すること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(腎機能障害患者)
腎機能障害患者:本剤は腎排泄型であるため、腎障害が悪化するおそれがある。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、投与しないことが望ましい(重度の体内汚染の場合等を除き、妊婦又は妊娠している可能性のある女性にはペンテト酸亜鉛三ナトリウムの使用を考慮すること)、動物実験(マウス、ラット)で催奇形性作用及び胚致死作用、動物実験(イヌ)で出生仔体重低値及び出生仔毛色異常が報告されている。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない〔7.4参照〕。
(高齢者)
患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下している)。
(過量投与)
筋肉内注射により1日投与量の4倍量を2日以上投与された重度血色素沈着症の患者で死亡例が報告されている。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤投与時の注意
14.1.1. 本剤は静注用として用いるため、筋肉内には投与しないこと。また、本剤は独立したラインにて投与すること。他の注射剤<ブドウ糖注射液又は生理食塩液以外>、輸液<ブドウ糖注射液又は生理食塩液以外>と混合しないこと(キレート剤であるため配合変化が起きる可能性がある)。
14.1.2. 本剤は、100〜250mLの5%ブドウ糖注射液又は生理食塩液で希釈して約15〜60分かけて点滴静注する、又は3〜4分間かけて緩徐に静脈内投与すること。
14.2. 薬剤投与後の注意
排泄物等の取扱いについて、医療法その他の放射線防護に関する法令、関連する告示及び通知等を遵守し、適正に処理すること(超ウラン元素と結合した本剤は主に尿中に排泄されるため、本剤投与中の患者の尿中には超ウラン元素が高濃度に含まれる可能性がある)。
(保険給付上の注意)
本剤は保険給付の対象とならない(薬価基準未収載)。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。