日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カンテック錠200mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:マロチラート錠

製薬会社:第一三共

薬価・規格: 97.4円(200mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 肝硬変<代償性>の肝機能の改善

注意すべき副作用詳しく見る

嘔吐発疹そう痒感頭痛ビリルビン上昇AST上昇GOT上昇ALT上昇GPT上昇過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • マロチラートとして、1日600mgを3回に分けて経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 黄疸
    • 肝性脳症
    • 腹水

副作用

主な副作用

嘔吐発疹そう痒感頭痛ビリルビン上昇AST上昇GOT上昇ALT上昇GPT上昇過敏症胃部不快感

重大な副作用

食欲不振消化器症状黄疸腹水AST高度上昇ALT高度上昇ビリルビン高度上昇重篤な肝障害悪心

上記以外の副作用

腹部膨満感腹痛下痢口内炎口渇白血球減少血小板減少倦怠感発熱α−フェトプロテイン上昇眠気便秘眩暈しびれ感赤血球減少好酸球増加

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 黄疸
    • 肝性脳症
    • 腹水
  • 慎重投与
    • 過敏症
    • 食道静脈瘤

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患における肝機能の改善:肝硬変<代償性>。

    用法・用量(添付文書全文)

    マロチラートとして、1日600mgを3回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認前の調査1,282例中報告された副作用は7.5%(96例)で、主な副作用は食欲不振、嘔吐等の消化器症状7.4%(95例)、発疹、そう痒感等の皮膚症状2.3%(30例)、眠気、頭痛等の精神神経症状0.6%(8例)であった。
    承認後における使用成績調査(6年間)12,773例中報告された副作用は11.7%(1,489例)で、主な副作用は食欲不振、嘔吐等の消化器症状5.3%(673例)、AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビン上昇等の肝機能異常6.0%(766例)、発疹、そう痒感等の皮膚症状1.6%(210例)、眠気、頭痛等の精神神経症状0.4%(54例)等であった。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    黄疸、腹水、AST高度上昇(GOT高度上昇)、ALT高度上昇(GPT高度上昇)、ビリルビン高度上昇等の重篤な肝障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う(なお、黄疸等の症状は食欲不振、悪心等の消化器症状が先行して現れることがあるので、これらの症状についても観察を十分に行う)。
    2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、ビリルビン上昇等。
    2).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、そう痒感等。
    3).消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、嘔吐、胃部不快感、腹部膨満感、腹痛、下痢、口内炎、口渇、(0.1%未満)便秘。
    4).精神神経系:(0.1〜5%未満)頭痛、(0.1%未満)眠気、眩暈、しびれ感。
    5).血液:(0.1〜5%未満)白血球減少、血小板減少、(0.1%未満)赤血球減少、好酸球増加等。
    6).その他:(0.1〜5%未満)倦怠感、発熱、α−フェトプロテイン上昇。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    黄疸、腹水、肝性脳症のいずれかの症状のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.食道静脈瘤のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    黄疸等の重篤な副作用が現れることがあるので、本剤投与中は定期的に肝機能検査(特に投与後2、4、6週の検査は必ず)を行う。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中に移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (保管上の注意)
    30℃以下。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
    3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
    4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
    7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
    8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
    9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
    10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
    医師と医学研究者におすすめの英文校正