日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アルスロマチック関節手術用灌流液の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
1202円(3L1袋)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 関節鏡視下検査の関節腔拡張
  • 関節鏡視下検査の関節腔洗浄
  • 関節鏡視下検査の関節腔灌流
  • 関節鏡視下手術時の関節腔拡張
  • 関節鏡視下手術時の関節腔洗浄
  • 関節鏡視下手術時の関節腔灌流
  • 関節切開による手術時の関節腔拡張
  • 関節切開による手術時の関節腔洗浄
  • 関節切開による手術時の関節腔灌流
注意すべき副作用
脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫 、 膝疼痛
用法・用量(主なもの)
  • 使用量は目的に応じて3〜12Lとする
    • なお、必要に応じて適宜増減する

副作用

主な副作用
脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫 、 膝疼痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 腎疾患に基づく腎不全
    • 心不全
    • ナトリウム貯留による浮腫
  • 注意
    • コルチコステロイド投与中
    • コルチコトロピン投与中

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

関節鏡視下検査・関節鏡視下手術時又は関節切開による手術時の関節腔拡張及び関節腔灌流・関節腔洗浄。

用法・用量(添付文書全文)

使用量は目的に応じて3〜12Lとする。
なお、必要に応じて適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

その他の副作用
1.本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、海外における副作用報告を参考にした。
筋骨格系:膝疼痛(0.1%未満)。
2.国内の体液用剤の文献等を参考にした。
1).中枢末梢神経系:(頻度不明)脳浮腫。
2).呼吸器:(頻度不明)肺水腫。
3).心血管系:(頻度不明)末梢浮腫。

使用上の注意(添付文書全文)

(慎重投与)
1.腎疾患に基づく腎不全のある患者[腎不全病態が悪化する恐れがある]。
2.心不全のある患者[心不全が悪化する恐れがある]。
3.ナトリウム貯留による浮腫がみられる患者[浮腫がみられる臨床状態が悪化する恐れがある]。
(適用上の注意)
1.投与経路:注射用に使用しない。
2.投与時:
1).本剤の使用は、無菌的操作により行う。
2).一部を使用した残液は、細菌汚染の恐れがあるので使用しない。
3).コルチコステロイド投与中又はコルチコトロピン投与中の患者がナトリウムイオン含有溶液を併用している場合は、本剤の使用量に注意する。
3.調製時:リン酸イオン及び炭酸イオンと沈殿を生じるので、リン酸を含む製剤又は炭酸を含む製剤と配合しない。
(取扱い上の注意)
1.本剤への加温は最小限に留めるべきであるが、40℃以下の短時間の加温は本剤の品質・安全性に影響しない。
2.開封の方法は、外袋をやぶり、本剤を取り出す。
3.バッグの一部が白色化し透明度が低下することがあるが、これは滅菌中にバッグが水分を吸収するために起こる現象であり、本剤の品質や安全性に影響するものではない(なお、この白色化は、徐々に消失する)。
4.バッグを強くつかんで、液漏れがないかよく調べる(外袋を取り除き、液が無色澄明で異物のないことを確認した後、バッグを圧迫して漏れを調べる)。万一漏れが認められた場合は、無菌性が損なわれている可能性があるので、液を廃棄する。
5.外袋内に少量の水滴が観察されることがあるが、滅菌中に水蒸気としてバッグ内から透過した水分であり、液漏れによるものではない。
6.アルスロマチックの使用方法(落差を利用する場合):システム全体の準備は、専用セットの説明書を参照する。
1).バッグ上部の穴を用いて、容器をつり下げる。
2).専用セットのクランプを全て閉じる。
3).容器下部の注入口(添付文書の図参照)から、プロテクターを取り除く。
4).専用セットを接続する。
7.通常の輸液セット等を使用すると、回路内径不足により必要とされる流量・流圧が得られないことがあるため、落差を利用する場合は、専用セットを使用する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。