日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ヒルドイドクリーム0.3%基本情報

準先発品

一般名:ヘパリン類似物質クリーム

製薬会社:マルホ

薬価・規格: 22.2円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

保湿剤詳しく見る

  • 皮膚に適度な水分を保持させ乾燥や刺激などから皮膚を守ることで湿疹などの発生や悪化を防ぐ薬
保湿剤の代表的な商品名
  • ウレパール ケラチナミン パスタロン
  • ヒルドイド
  • ザーネ
  • ユベラ軟膏

効能・効果詳しく見る

  • 注射後硬結
  • 注射後疼痛
  • 皮脂欠乏症
  • 外傷の関節炎
  • 外傷の筋肉痛
  • 外傷の血腫
  • 外傷の腱鞘炎
  • 外傷の腫脹
  • 血栓性静脈炎
  • ケロイドの治療
  • ケロイドの予防
  • 挫傷の関節炎
  • 挫傷の筋肉痛
  • 挫傷の血腫
  • 挫傷の腱鞘炎
  • 挫傷の腫脹
  • 痔核
  • 進行性指掌角皮症
  • 打撲の関節炎
  • 打撲の筋肉痛
  • 打撲の血腫
  • 打撲の腱鞘炎
  • 打撲の腫脹
  • 凍瘡
  • 捻挫の関節炎
  • 捻挫の筋肉痛
  • 捻挫の血腫
  • 捻挫の腱鞘炎
  • 捻挫の腫脹
  • 肥厚性瘢痕の治療
  • 肥厚性瘢痕の予防
  • 筋性斜頚<乳児期>
  • 血行障害の疼痛
  • 血行障害の炎症性疾患

注意すべき副作用詳しく見る

皮膚炎そう痒発赤発疹潮紅過敏症皮膚刺激感紫斑

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 血小板減少症
    • 血友病
    • 紫斑病
    • 出血性血液疾患
    • 僅少な出血でも重大な結果を来す

副作用

主な副作用

皮膚炎そう痒発赤発疹潮紅過敏症皮膚刺激感紫斑

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 血小板減少症
    • 血友病
    • 紫斑病
    • 出血性血液疾患
    • 僅少な出血でも重大な結果を来す

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後硬結並びに注射後疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頚<乳児期>。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総投与症例2,471例中、23例(0.93%)に副作用が認められ、主なものは皮膚炎9件(0.36%)、そう痒8件(0.32%)、発赤5件(0.20%)、発疹4件(0.16%)、潮紅3件(0.12%)等であった(効能追加時)。
    その他の副作用:次のような症状が現れた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。
    1.過敏症:(頻度不明)皮膚刺激感、(0.1〜5%未満)皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅等。
    2.皮膚(投与部位):(頻度不明)紫斑。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。
    2.僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    投与部位:
    1.潰瘍・糜爛面への直接塗擦又は塗布を避ける。
    2.眼には使用しない。
    (保管上の注意)
    瓶包装品は製剤中の水分が蒸発することがあるので、未使用時はキャップをする。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
    2. 新人ナースの友情 病院珍百景
    3. 気管支鏡後に胸部X線写真は全例撮影すべき? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
    4. 癌の遺伝子パネル検査って、保険で行う臨床研究です… 記者の眼
    5. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか(訂正あ… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. 放射性ヨウ素内用療法は癌死亡を増やすか? JAMA Intern Med誌から
    7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
    8. 訪日外国人受け入れる医療機関リストを公表 厚労省と観光庁が連携
    9. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    10. 下口唇の腫脹、どうマネージメントする? AntaaQAピックアップ
    医師と医学研究者におすすめの英文校正