日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ACD−A液の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (1セット)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 血液保存
用法・用量(主なもの)
  • 血液量100mLにつき、本品15mLの割合で使用する

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

血液保存。

用法・用量(添付文書全文)

血液量100mLにつき、本品15mLの割合で使用する。

使用上の注意(添付文書全文)

(取扱い上の注意)
1.使用前の注意:
1).内容液が漏れている場合や、内容液に混濁・浮遊物等の異常が認められるときは使用しない。
2).排出口をシールしているフィルムがはがれているときは使用しない。
2.使用時の注意:
1).使用時には排出口をシールしているフィルムをはがす。
2).注射針は、無菌的操作により、ゴム栓の刻印部にまっすぐ刺通する(斜めに刺すと、ゴム栓や排出口内壁の削り片が薬液中に混入したり、容器を刺通し液漏れの原因となったりすることがある)。
3).薬剤を配合するときには、よく転倒混和し、配合変化に注意する。
3.投与時の注意:
1).本品に通気針(エア針)は不要である。
2).輸液セット等のびん針を接続する際は、ゴム栓の刻印部にまっすぐ刺通する。
4.ソフトバッグの取扱い上の注意:
1).本品は軟らかいプラスチックのバッグなので、鋭利なもの等で傷つけない(液漏れの原因となる)。
2).包装袋より取り出したまま保管すると、内容液が蒸散する可能性があるので、速やかに使用するか包装袋に戻し封をする。
3).容器の目盛りは目安として使用する。
5.安定性試験:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。