日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

スポンゼル基本情報

一般名:ゼラチン貼付剤

製薬会社:アステラス製薬

薬価・規格: 240.5円(5cm×2.5cm1枚) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 褥瘡潰瘍
  • 外科領域の止血

注意すべき副作用詳しく見る

ショックアナフィラキシー全身発赤呼吸困難血圧低下

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 適当量を乾燥状態のまま、又は生理食塩液かトロンビン溶液に浸し、皮膚或は臓器の傷創面に貼付し、滲出する血液を吸収させ固着する
  • 本品は組織に容易に吸収されるので体内に包埋しても差し支えない

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

重大な副作用

ショックアナフィラキシー全身発赤呼吸困難血圧低下

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.各種外科領域における止血。
    2.褥瘡潰瘍。

    用法・用量(添付文書全文)

    適当量を乾燥状態のまま、又は生理食塩液かトロンビン溶液に浸し、皮膚或は臓器の傷創面に貼付し、滲出する血液を吸収させ固着する。本品は組織に容易に吸収されるので体内に包埋しても差し支えない。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    重大な副作用
    ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、全身発赤、呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合には使用を中止し、適切な処置を行う。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.血管内[塞栓を起こす恐れがある]。
    (慎重使用)
    視神経及び視束交叉の周囲[圧迫により視力障害を起こすことがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用は縫合、結紮等の止血に代わるものではないことに留意する。
    2.本剤は殺菌作用を持たないので、感染の可能性が高い場合には、適切な処置を考慮する。
    (適用上の注意)
    使用時:
    1.創面への使用にあたっては癒合を妨げる可能性があるので、過量に使用しない。
    2.膨張による圧迫が正常な機能を妨げる可能性があるので、創腔又は組織の間隙に使用する場合には、詰めすぎないように留意する。
    3.本剤は用法・用量にしたがって使用し、血管内には使用しない。
    (その他の注意)
    塞栓術に使用した結果、組織壊死等が現れたとの報告がある。
    (取扱い上の注意)
    使用時:
    1.容器より取出す際に細菌汚染しないように注意する。
    2.開封後の未使用分は廃棄する。
    3.消毒用アルコール浸漬又は加熱滅菌を避ける(外装接着部の剥離、内容の変質を来す恐れがある)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
    3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
    4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
    5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
    6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
    7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
    8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
    9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
    10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    医師と医学研究者におすすめの英文校正