日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビカーボン輸液の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
205円(500mL1袋)
添付文書

基本情報

薬効分類
等張電解質輸液

水・電解質(イオン)を主な成分とし、電解質の浸透圧が体液とほぼ同じであるため細胞外へ分布し、細胞外液(組織間液、血漿)の量を増やすことができる輸液剤

等張電解質輸液
  • 大塚生食注 テルモ生食 など
  • ラクテック注 ソルラクト輸液 ハルトマン輸液 など
  • ヴィーン輸液 ソルアセト輸液 など
  • ビカネイト輸液 ビカーボン輸液
効能・効果
  • 組織間液減少時の細胞外液の補給
  • 組織間液減少時の細胞外液の補正
  • 循環血液量減少時の細胞外液の補給
  • 循環血液量減少時の細胞外液の補正
  • 代謝性アシドーシスの補正
注意すべき副作用
尿蛋白 、 プロトロンビン時間延長 、 脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫
用法・用量(主なもの)
  • 1回500mL〜1000mLを点滴静注する
  • 投与速度は1時間あたり10mL/kg体重以下とする
    • なお、年齢、症状、体重に応じて適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 甲状腺機能低下症
    • 高マグネシウム血症

副作用

主な副作用
尿蛋白 、 プロトロンビン時間延長 、 脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 甲状腺機能低下症
    • 高マグネシウム血症
  • 慎重投与
    • 腎疾患に基づく腎不全
    • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少
    • 心不全
    • 高張性脱水症
患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

循環血液量減少時及び組織間液減少時における細胞外液の補給・細胞外液の補正、代謝性アシドーシスの補正。

用法・用量(添付文書全文)

1回500mL〜1000mLを点滴静注する。投与速度は1時間あたり10mL/kg体重以下とする。なお、年齢、症状、体重に応じて適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

臨床試験により報告された総症例180例中、3例(1.7%)4件に副作用が認められた。報告された副作用は、尿蛋白が3例(1.7%)3件、プロトロンビン時間延長が1例(0.6%)1件であった。
1.泌尿器:(0.1〜5%未満)尿蛋白。
2.血液:(0.1〜5%未満)プロトロンビン時間延長。
3.大量・急速投与:(頻度不明)脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
高マグネシウム血症、甲状腺機能低下症の患者[本剤の電解質組成により高マグネシウム血症が悪化する恐れがある]。
(慎重投与)
1.腎疾患に基づく腎不全のある患者[水分、電解質の調節機能が低下しているので、慎重に投与する]。
2.心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
3.高張性脱水症の患者[本症では水分補給が必要であり、電解質を含む本剤の投与により症状が悪化する恐れがある]。
4.閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化する恐れがある]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(適用上の注意)
1.調製前:
1).本剤は品質保持のためガス不透過性の外袋に封入されているので、外袋は使用直前まで開封しない。
2).容器表面に水滴や結晶が付着している場合には使用しない。
3).開封前にインジケーター(酸素検知剤)が比較色よりも濃い緑色に変色しているときは、外袋にピンホールが発生し品質が劣化している可能性があるので、使用しない。
2.調製時:
1).本剤はカルシウムを含有するため、クエン酸加血液と混合すると凝血を起こすことがあるので注意する。
2).リン酸イオン及び炭酸イオンと沈殿を生じるので、リン酸を含む製剤又は炭酸を含む製剤と配合しない。
3).チオペンタールナトリウム及びチアミラールナトリウムとの配合により、白色の沈殿を生じるので、これら薬剤との直接若しくはピギーバック方式での混合を避け、側管若しくは別の静脈ラインから投与する。
4).pH6.8〜7.8で含量・力価が低下する薬剤との直接の混合は避け、側管、ピギーバック方式若しくは別の静脈ラインから投与する。
3.投与前:
1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具の消毒)。
2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
4.投与時:投与速度は患者の循環動態や尿量を観察しながら必要に応じ適宜調整する。
(取扱い上の注意)
1.通気針は不要。
2.ゴム栓を保護しているシールがはがれているときは使用しない。
3.注射針はゴム栓の刺針部(凹部)にまっすぐ刺し入れる(斜めに刺すと、ゴム栓や排出口内壁の削り片が薬液中に混入したり、容器を刺通し液漏れの原因となることがある)、また、同一箇所を繰り返し刺さない。
4.容器の目盛りは目安として使用する。
5.本製品は、連結管(U字管)を用いたタンデム方式による投与はできないので、2バッグを同時又は連続して投与する場合は、Y字タイプの輸液セットを使用する。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。