日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ヴィーン3G輸液の基本情報

先発品(後発品あり)
一般名
製薬会社
薬価・規格
133円(200mL1瓶)
添付文書

基本情報

薬効分類
低張電解質輸液

水と電解質(イオン)を主成分とし、体液より電解質濃度が低く細胞内液を含む体全体に水分を補給でき、水分や電解質を含む輸液剤を点滴により補給することで体液のバランスを整え病態の治療効果を高められる輸液剤

低張電解質輸液
  • ソリタ−T輸液 YDソリタ−T輸液
  • ソルデム
  • KN1〜4号輸液 KNMG3号輸液
  • フィジオ35輸液 フィジオ70輸液
  • トリフリード
効能・効果
  • エネルギー補給
  • 経口摂取不能又は不十分の水分・電解質の補給・維持
注意すべき副作用
脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫 、 水中毒 、 高カリウム血症
用法・用量(主なもの)
  • 1回500〜1000mLを、小児には、1回200〜500mLを点滴静注する
  • 投与速度は、成人・小児ともにブドウ糖として1時間あたり0.5g/kg体重以下とする
    • なお、年齢、症状、体重などに応じて適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • アジソン病
    • 高カリウム血症
    • 甲状腺機能低下症
    • 高窒素血症
    • 高マグネシウム血症
    • 高リン血症
    • 重症熱傷
    • 低カルシウム血症
    • 副甲状腺機能低下症
    • 乏尿

副作用

主な副作用
脳浮腫 、 肺水腫 、 末梢浮腫 、 水中毒 、 高カリウム血症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • アジソン病
    • 高カリウム血症
    • 甲状腺機能低下症
    • 高窒素血症
    • 高マグネシウム血症
    • 高リン血症
    • 重症熱傷
    • 低カルシウム血症
    • 副甲状腺機能低下症
    • 乏尿
  • 慎重投与
    • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少
    • 高カリウム血症を伴わない腎不全
    • 心不全
    • 糖尿病
患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

経口摂取不能又は不十分な場合の水分・電解質の補給・維持、エネルギー補給。

用法・用量(添付文書全文)

1回500〜1000mLを、小児には、1回200〜500mLを点滴静注する。投与速度は、成人・小児ともにブドウ糖として1時間あたり0.5g/kg体重以下とする。なお、年齢、症状、体重などに応じて適宜増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.小児における一般的な維持輸液量の計算方法は次のとおりである。
1).体重10kgまで:1日量100mL/kg。
2).体重11〜20kg:1日量1000mL+50mL/kg×(体重−10kg)。
3).体重20kg以上:1日量1500mL+20mL/kg×(体重−20kg)。
但し、個々の患児に対する輸液量は年齢、症状、水分喪失量や病態なども考慮したうえで決定する。
2.本剤は1000mL当たりエネルギー量として200kcal含んでいるが、本剤のみでは1日に必要とされるエネルギー量を十分に満たすことはできないので、手術等による経口摂取不能な患者に対する本剤のみでの使用は短期間とする。
3.投与速度がブドウ糖として1時間あたり0.5g/kgを超えた場合、ブドウ糖は生体内で利用されず一部は尿中に排泄される場合のあることが知られている。

副作用(添付文書全文)

総症例数215例中2例(0.9%)2件の副作用が報告されている。その内訳は頭痛1件、高ビリルビン血症1件である(承認時)。
大量・急速投与:脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫、水中毒、高カリウム血症(頻度不明)が現れることがある。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.高カリウム血症、乏尿、アジソン病、重症熱傷、高窒素血症の患者[本剤はカリウムを含有するので血清カリウム値を上昇させることがある]。
2.高リン血症、低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症の患者[本剤はリンを含有するので血清リン値を上昇させることがある]。
3.高マグネシウム血症、甲状腺機能低下症の患者[本剤はマグネシウムを含有するので血清マグネシウム値を上昇させることがある]。
(慎重投与)
1.高カリウム血症を伴わない腎不全のある患者[酸塩基平衡異常、電解質異常が起こることがある]。
2.心不全のある患者[体液量の過剰により心負荷を起こすことがある]。
3.閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[体液量が過剰となることがある]。
4.糖尿病の患者[血糖値の上昇、水・電解質異常を起こす、又は増悪する恐れがある]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量する等注意する。
(適用上の注意)
1.調製時:
1).カルシウムイオンと沈殿を生じるので、カルシウムを含む製剤と配合しない。
2).pH依存性の配合変化を起こす薬剤(例えばチアミラールナトリウム)との配合により、白濁又は結晶析出を生じることがあるので、配合しない。
2.投与時:本剤を投与する場合は患者の尿量が1日500mL又は1時間当り20mL以上あることが望ましい。
(取扱い上の注意)
1.落としたり強い衝撃を与えたりしない(容器の破損(ピンホール等)の原因となることがある)。
2.プルトップが破損しているものは使用しない。
3.通気針(エアー針)は不要であるが、薬液量が少なくなると排出速度が低下してくるので、滴下速度に十分注意する。また、薬液面と静脈針との落差を十分保つようにして点滴を行う。
4.U字管による連続投与は行わない。
5.操作手順:
1).プラスチックボトル(プラヨーキ)のプルトップを取る。
2).本剤に他の薬剤を混注する場合は、注射針を垂直にゴム栓の針刺し部(小)にゆっくりと回転させないように刺し、同一箇所を繰り返し刺さない。
3).クランプをゆるめた状態で点滴セットの液針をゴム栓の針刺し部(大)に垂直に突き刺す。
4).クランプを閉じて、容器を吊し、点滴筒内にポンピングにて約1/3満たす。
5).クランプを開き、静脈針より薬液を流出させ、チューブ内の空気を全て除き、クランプを閉める。
6).静脈針を穿刺し、クランプを徐々に緩め滴下速度を調節し、点滴静注を開始する。
6.容器の目盛りはおよその目安として使用する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。