日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

リプラス1号輸液基本情報

後発品(加算対象)

一般名:開始液

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 124円(200mL1袋) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

低張電解質輸液詳しく見る

  • 水と電解質(イオン)を主な主成分し、体液より電解質濃度が低く細胞内液を含む体全体に水分を補給できる輸液製剤。水分や電解質を含む輸液剤を点滴により補給することで体液のバランスを整え病態の治療効果を高められる輸液剤
低張電解質輸液の代表的な商品名
  • ソリタ−T輸液 YDソリタ−T輸液
  • ソルデム
  • KN1〜4号輸液 KNMG3号輸液
  • フィジオ35輸液 フィジオ70輸液
  • トリフリード

効能・効果詳しく見る

  • 手術前後の水分補給
  • 手術前後の電解質補給
  • 脱水症の水分の初期補給
  • 脱水症の電解質の初期補給
  • 病態不明時の水分の初期補給
  • 病態不明時の電解質の初期補給

注意すべき副作用詳しく見る

脳浮腫肺水腫末梢浮腫

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回500〜1000mLを点滴静注する
  • 投与速度は1時間あたり300〜500mL、小児の場合、1時間あたり50〜100mLとする
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 高乳酸血症

副作用

主な副作用

脳浮腫肺水腫末梢浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 高乳酸血症
  • 慎重投与
    • 腎疾患に基づく腎不全
    • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少
    • 重篤な肝障害
    • 心不全
    • 糖尿病

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.脱水症及び病態不明時の水分・電解質の初期補給。
    2.手術前後の水分補給・電解質補給。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回500〜1000mLを点滴静注する。投与速度は1時間あたり300〜500mL、小児の場合、1時間あたり50〜100mLとする。なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:(頻度不明)大量を急速投与すると、脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    高乳酸血症の患者[症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.腎疾患に基づく腎不全のある患者[水分、電解質の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    2.心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    3.重篤な肝障害のある患者[水分、電解質代謝異常が悪化する恐れがある]。
    4.閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化する恐れがある]。
    5.糖尿病の患者[高血糖を生じ症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    2.投与速度:ゆっくり静脈内に投与する。
    (取扱い上の注意)
    1.通気針は不要。
    2.連結管による連続投与は行わない(連続投与を行う場合には、Y型タイプのセットを使用する)。
    3.内容液の漏出又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    4.オーバーシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)が万一はがれているときは使用しない。
    5.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    6.容器の目盛はおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:179
    2. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
    3. 8カ月男児、身体が柔らかい、運動発達が進まない 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
    4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:512
    5. 働き方改革の最終報告書案、「年1860時間」の特… シリーズ◎医師の働き方改革に関する検討会 FBシェア数:53
    6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:21
    7. 在宅の管理料が査定、レセプトのどこが問題? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:14
    8. 加算は場当たり的、今こそ医療財政の抜本改革を シリーズ◎何でもPros Cons【診療報酬上の加算ってどう思う?】 FBシェア数:5
    9. 医師の働き方改革が支離滅裂なワケ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:42
    10. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:179
    医師と医学研究者におすすめの英文校正