日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

黄熱ワクチン溶解液の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (3mL1瓶)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 溶解剤
注意すべき副作用
血清電解質異常 、 うっ血性心不全 、 浮腫 、 アシドーシス
用法・用量(主なもの)
  • 適量をとり黄熱ワクチンの溶解に用いる

副作用

主な副作用
血清電解質異常 、 うっ血性心不全 、 浮腫 、 アシドーシス

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 循環器系機能障害
    • 腎障害
    • 心臓機能障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

黄熱ワクチンの溶解剤。

用法・用量(添付文書全文)

適量をとり黄熱ワクチンの溶解に用いる。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
副作用が認められた場合には、適切な処置を行なう。
大量・急速投与:血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシスを起こすことがある。

使用上の注意(添付文書全文)

(慎重投与)
1.心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[心臓、循環器系機能障害が悪化する恐れがある]。
2.腎障害のある患者[腎障害が悪化する恐れがある]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与を緩徐にするなど注意する。
(適用上の注意)
1.本剤は黄熱ワクチンの溶解にのみ使用する。
2.開封後は直ちに使用し、残液は使用しない。
(取扱い上の注意)
投与前:
1.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直にゆっくり行なう(斜めに刺すとゴム片が薬液中に混入する恐れがある)。
2.内溶液に着色又は混濁等の異常が認められる場合は使用しない。
(保管上の注意)
凍結を避けて保存。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。