日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

生食液バッグ100mL「CMX」基本情報

一般名:生理食塩液

製薬会社:ケミックス

薬価・規格: 128円(100mL1袋) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 気管支粘膜洗浄
  • 喀痰の排出促進
  • 細胞外液欠乏時
  • ナトリウム欠乏時
  • クロル欠乏時
  • 注射剤の溶解希釈剤
  • 創傷面の洗浄
  • 創傷面の湿布
  • 粘膜の洗浄
  • 粘膜の湿布
  • 皮膚の洗浄
  • 皮膚の湿布
  • 医療用器具の洗浄

注意すべき副作用詳しく見る

血清電解質異常うっ血性心不全浮腫アシドーシス

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.注射:1).20〜1000mLを皮下、静脈内注射又は点滴静注する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 2).適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる
  • 2.外用:1).皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる
  • 2).含嗽、噴霧吸入に用いる
  • 3.その他:医療用器具の洗浄に用いる

副作用

主な副作用

血清電解質異常うっ血性心不全浮腫アシドーシス

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 循環器系機能障害
    • 腎障害
    • 心臓機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.注射:細胞外液欠乏時、ナトリウム欠乏時、クロル欠乏時、注射剤の溶解希釈剤。
    2.外用:皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布、含嗽・噴霧吸入剤として気管支粘膜洗浄・喀痰排出促進。
    3.その他:医療用器具の洗浄。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.注射:
    1).20〜1000mLを皮下、静脈内注射又は点滴静注する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    2).適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる。
    2.外用:
    1).皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる。
    2).含嗽、噴霧吸入に用いる。
    3.その他:医療用器具の洗浄に用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:大量を急速投与すると、血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシスを起こすことがある(頻度不明)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.調製時:注射剤の溶解・希釈液として使用する場合は、生理食塩液が適切であることを確認する。
    2.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    3.投与時:ゆっくり静脈内に投与する。
    (取扱い上の注意)
    1.輸液セットの瓶針又は混注の際の注射針は、ゴム栓の刺針部(○部)に垂直に刺す(斜めに刺すと排出口側壁を刺通し、液漏れの原因となることがある)、また、同一箇所に繰り返し刺さない。
    2.包装内に水滴が認められるものや内容液が着色又は混濁等の異常が認められる場合は、使用しない。
    3.連結管による混合投与の場合は、Y字管連結にして使用する(U字管連結はしない)。
    4.容器の目盛はおよその目安として使用する。
    5.プルオフリングの取り外し方は、プルオフリングの取り外し方を参照する。
    6.通気針は不要である。
    7.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、25%RH、6カ月)の結果、生食液バッグ100mL「CMX」は、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (プルオフリングの取り外し方)
    1.プルオフリングの支柱部分が向こう側になるようボトルを保持する。
    2.プルオフリングの上から人差し指をかける。
    3.親指でささえ、手前斜め右方向へ約45度にゆっくりと半円を描くように引く。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
    2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
    3. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    4. 30歳代女性。頭痛 日経メディクイズ●救急
    5. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する BMJ誌から
    7. 糞便移植療法で患者が死亡、FDAが警告を発出 NEWS
    8. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
    9. 鎮咳薬:まずメジコン、不十分ならコデイン系? NMO処方サーベイ
    10. 面接で「採用したくない!」と思わせた看護師 キャリアお悩み相談室
    医師と医学研究者におすすめの英文校正