日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

生食液100mL「CHM」基本情報

一般名:生理食塩液

製薬会社:ケミックス

薬価・規格: 128円(100mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 気管支粘膜洗浄
  • 喀痰の排出促進
  • 細胞外液欠乏時
  • ナトリウム欠乏時
  • クロル欠乏時
  • 注射剤の溶解希釈剤
  • 創傷面の洗浄
  • 創傷面の湿布
  • 粘膜の洗浄
  • 粘膜の湿布
  • 皮膚の洗浄
  • 皮膚の湿布
  • 医療用器具の洗浄

注意すべき副作用詳しく見る

血清電解質異常うっ血性心不全浮腫アシドーシス

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.注射:1).20〜1000mLを皮下、静脈内注射又は点滴静注する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 2).適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる
  • 2.外用:1).皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる
  • 2).含嗽、噴霧吸入に用いる
  • 3.その他:医療用器具の洗浄に用いる

副作用

主な副作用

血清電解質異常うっ血性心不全浮腫アシドーシス

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 循環器系機能障害
    • 腎障害
    • 心臓機能障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳・幼・小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.注射:細胞外液欠乏時、ナトリウム欠乏時、クロル欠乏時、注射剤の溶解希釈剤。
    2.外用:皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布、含嗽・噴霧吸入剤として気管支粘膜洗浄・喀痰排出促進。
    3.その他:医療用器具の洗浄。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.注射:
    1).20〜1000mLを皮下、静脈内注射又は点滴静注する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    2).適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる。
    2.外用:
    1).皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる。
    2).含嗽、噴霧吸入に用いる。
    3.その他:医療用器具の洗浄に用いる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:大量を急速投与すると、血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシスを起こすことがある(頻度不明)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
    2.腎障害がある患者[水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.調製時:注射剤の溶解・希釈剤として使用する場合は、生理食塩液が適切であることを確認する。
    2.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    3).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    3.投与時:
    1).ゆっくり静脈内に投与する。
    2).皮下注射にあたっては、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に注意する。
    (1).皮下注射時神経走行部位を避けるように注意する。
    (2).皮下注射時、繰り返し注射する場合には、注射部位を変え、たとえば左右交互に注射するなど配慮する。なお、乳・幼・小児には皮下注射を連用しないことが望ましい。
    (3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
    (取扱い上の注意)
    1.アルミシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)は使用直前にはがす。
    2.通気針は不要である(混注量等により、通気針が必要な場合もある)。
    3.輸液としての使用時には、連結管による連続投与は行わない(連続投与を行う場合には、Y型タイプのセットを使用する)。
    4.内容液の着色又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    5.アルミシールが万一はがれているときは使用しない。
    6.ゴム栓への針刺は、ゴム栓の刺針部(○部)に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    7.容器の目盛はおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
    2. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
    3. なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか 大阪市総合医療センター緩和ケアセンター長の多田羅竜平氏に聞く
    4. 経口可能なGLP1作動薬、心血管リスク増加せず 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
    5. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
    6. 教師も外科医も実践する「責任のシェア」とは 記者の眼
    7. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
    8. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
    9. 過去とは状況が異なる現在のエボラ大流行 コンゴのシニア・メディカル・アドバイザー、カシンスキー・リチャード氏に聞く
    10. 人体の神秘? こんな私も3年目 みちよのナース道
    医師と医学研究者におすすめの英文校正