日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

光糖液20%基本情報

一般名:ブドウ糖注射液

製薬会社:光製薬

薬価・規格: 66円(20%20mL1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 非経口的にエネルギー補給
  • 非経口的に水補給
  • 注射剤の溶解希釈剤
  • GIK療法
  • 高カリウム血症
  • 循環虚脱
  • 心疾患
  • 低血糖時の糖質補給

注意すべき副作用詳しく見る

電解質喪失

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水・エネルギー補給を必要とする場合には1回10〜50%液20〜500mLを静脈内注射する
  • 点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする
  • 注射剤の溶解希釈には適量を用いる
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 低張性脱水症

副作用

主な副作用

電解質喪失

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 低張性脱水症
  • 慎重投与
    • カリウム欠乏傾向
    • 腎不全
    • 糖尿病
    • 尿崩症

患者の属性に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水補給・非経口的にエネルギー補給を必要とする場合。
    2.注射剤の溶解希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    循環虚脱、低血糖時の糖質補給、高カリウム血症、心疾患(GIK療法)、その他非経口的に水・エネルギー補給を必要とする場合には1回10〜50%液20〜500mLを静脈内注射する。
    点滴静注する場合の速度は、ブドウ糖として0.5g/kg/hr以下とする。
    注射剤の溶解希釈には適量を用いる。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    大量・急速投与:大量を急速投与すると、電解質喪失を起こすことがあるので、慎重に投与する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    低張性脱水症の患者[本症はナトリウムの欠乏により血清の浸透圧が低張になることによって起こるので、このような患者に本剤を投与すると、水分量を増加させることになり、症状が悪化する恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.カリウム欠乏傾向のある患者[ブドウ糖の投与によりカリウムが細胞内に移行し、一時的に血清カリウム値が低下し、症状が悪化する恐れがある]。
    2.糖尿病の患者[高血糖を生じ、症状が悪化する恐れがある]。
    3.尿崩症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化する恐れがある]。
    4.腎不全のある患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    ブドウ糖の投与速度が速い場合に急激に中止することにより、低血糖を起こす恐れがある。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:皮下大量投与により血漿中から電解質が移動して循環不全を招く恐れがあるので、皮下投与しない。
    2.調製時:
    1).他の医薬品を混注して使用する場合には、医薬品相互の物理的・化学的変化に十分注意して行う。
    2).注射剤の溶解・希釈液として使用する場合は、ブドウ糖注射液が適切であることを確認する。
    3.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具の消毒)。
    2).寒冷期には体温程度に温めて使用する。
    3).開封後は直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    4.投与時:
    1).ゆっくり静脈内に投与する。
    2).高張液投与により血栓性静脈炎を起こすことがあるので、慎重に投与する。
    3).血管痛が現れた場合には、注射部位を変更し、また、場合によっては投与を中止する。
    (取扱い上の注意)
    1.輸液セットの瓶針又は混注の際の注射針は、ゴム栓の刺針部(凹部)に垂直に刺す(斜めに刺すと排出口側壁を刺通し、液漏れの原因となることがある)、また、同一箇所に繰り返し刺さない。
    2.内容液に着色又は混濁等の異常が認められる場合は、使用しない。
    3.容器の目盛りはおよその目安として使用する。
    4.連結管による混合投与の場合は、Y字管連結にして使用する(U字管連結はしない)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
    2. 寿司を食べた翌日の心窩部痛、正しい診断は? 診断エラー学のすすめ
    3. 眼の奥の激痛、群発頭痛以外で見落としNGは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    4. 抗体医薬裁判の行方「1抗原1薬剤」の未来も 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    5. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
    6. 2診体制の導入でよくある失敗例 診療所経営駆け込み寺
    7. 【動画】仲良くも冷たくもしない医師患者関係 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    8. フルオロキノロン系薬とキノロン系薬の重大な副作用… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
    9. 選択肢が広がる生理用品――月経ディスクの場合 緒方さやかの「米国NPの診察日記」
    10. ゾフルーザ耐性変異株で初のヒト-ヒト感染例 インフルエンザ診療Next:トピックス
    医師と医学研究者におすすめの英文校正