日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビオチン散0.2%「フソー」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
9.5円(0.2%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
ビオチン製剤

体内にビオチン(ビタミンHと呼ばれたり、ビタミンB7とも呼ばれていた)を補充し、湿疹や皮膚炎、にきびなどを改善する薬

ビオチン製剤
  • ビオチン
効能・効果
  • 急性湿疹
  • 小児湿疹
  • 脂漏性湿疹
  • 尋常性ざ瘡
  • 接触皮膚炎
  • 慢性湿疹
用法・用量(主なもの)
  • ビオチンとして1日0.5〜2mg(本剤0.25〜1g)を1〜3回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

急性湿疹・慢性湿疹、小児湿疹、接触皮膚炎、脂漏性湿疹、尋常性ざ瘡。

用法・用量(添付文書全文)

ビオチンとして1日0.5〜2mg(本剤0.25〜1g)を1〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。