日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ノルニチカミン注の基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
58円(10mL1管)
添付文書

基本情報

薬効分類
複合ビタミン製剤

ビタミンを複数の種類配合することで体内でのビタミン不足を補い、神経や皮膚などの諸症状を改善する薬

複合ビタミン製剤
  • ビタメジン
  • ビタノイリン
  • パンビタン
  • ノイロビタン
効能・効果
  • 授乳婦のビタミン類の補給
  • 消耗性疾患のビタミン類の補給
  • 妊産婦のビタミン類の補給
  • ビタミン類欠乏の関節痛
  • ビタミン類欠乏の筋肉痛
  • ビタミン類欠乏の神経痛
  • ビタミン類欠乏の末梢神経炎
  • ビタミン類欠乏の末梢神経麻痺
  • ビタミン類代謝障害の関節痛
  • ビタミン類代謝障害の筋肉痛
  • ビタミン類代謝障害の神経痛
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経麻痺
  • 食事からの摂取が不十分のビタミン類の補給
注意すべき副作用
ショック 、 アナフィラキシー様症状 、 全身皮膚潮紅 、 そう痒感 、 血圧低下 、 胸内苦悶 、 呼吸困難 、 痙攣 、 過敏症 、 発疹
用法・用量(主なもの)
  • 1日1回10mLを緩徐に静脈内注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
過敏症 、 発疹 、 悪心 、 嘔吐 、 局所疼痛
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー様症状 、 全身皮膚潮紅 、 そう痒感 、 血圧低下 、 胸内苦悶 、 呼吸困難 、 痙攣

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
レボドパ
有効性を減じる

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)。
2.次記疾患のうち、本剤に含まれるビタミン類欠乏又はビタミン類代謝障害が関与すると推定される場合:神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺。
効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法・用量(添付文書全文)

1日1回10mLを緩徐に静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、全身皮膚潮紅、そう痒感、血圧低下、胸内苦悶、呼吸困難、痙攣等が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).過敏症:発疹、そう痒感[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2).消化器:悪心・嘔吐。
3).投与部位:局所疼痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤及びチアミンジスルフィドに対し過敏症の既往歴のある患者。
(相互作用)
併用注意:レボドパ[レボドパの有効性を減じることがある(ピリドキシン塩酸塩がレボドパの脱炭酸化を促進し、脳内作用部位への到達量を減少させる)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
(適用上の注意)
1.調製時:本剤は、アミノ酸製剤と混合した場合、ビタミンの分解が促進されることがあるので注意する。
2.注射速度:静脈内投与により血管痛を起こすことがあるので、注射速度はできるだけ遅くする。
3.アンプルカット時:本剤はワンポイントアンプルであるが、アンプルカット部分をエタノール綿等で清拭し、カットすることが望ましい。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(遮光、25℃以下保存、1年6カ月)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、ノルニチカミン注の遮光、25℃以下保存における1年6カ月間の安定性が確認された。
(保管上の注意)
遮光、25℃以下。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。