日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタマル配合錠基本情報

後発品(加算対象)

一般名:フルスルチアミン・B2・B6・B12配合剤錠

製薬会社:沢井製薬

薬価・規格: 8円(1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 授乳婦のビタミン類の補給
  • 消耗性疾患のビタミン類の補給
  • 妊産婦のビタミン類の補給
  • ビタミン類欠乏の関節痛
  • ビタミン類欠乏の筋肉痛
  • ビタミン類欠乏の神経痛
  • ビタミン類欠乏の末梢神経炎
  • ビタミン類欠乏の末梢神経麻痺
  • ビタミン類代謝障害の関節痛
  • ビタミン類代謝障害の筋肉痛
  • ビタミン類代謝障害の神経痛
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミン類代謝障害の末梢神経麻痺
  • 食事からの摂取が不十分のビタミン類の補給

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹そう痒感悪心嘔吐食欲不振胃痛胃部不快感腹部膨満感口渇

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日1〜2錠を経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

過敏症発疹そう痒感悪心嘔吐食欲不振胃痛胃部不快感腹部膨満感口渇下痢

上記以外の副作用

不眠頻尿

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
レボドパ 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦等)。
    2.次記疾患のうち、本剤に含まれるビタミン類欠乏又はビタミン類代謝障害が関与すると推定される場合:神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺。
    効果がないのに、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日1〜2錠を経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感[このような場合には投与を中止する]。
    2.消化器:(頻度不明)悪心、嘔吐、食欲不振、胃痛、胃部不快感、腹部膨満感、口渇、下痢。
    3.その他:(頻度不明)不眠、頻尿。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:レボドパ[ビタミンB6がレボドパの作用を減弱することがある(末梢でのレボドパの脱炭酸化が促進し、レボドパの中枢への移行が減少することが考えられている)]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある(ビタミンB2による)。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:PTP包装(PTPシートをアルミピロー包装(乾燥剤入り))したものを用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    2. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
    3. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
    4. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
    5. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
    6. 「HIV内定取消事件」で医療者の取るべき行動とは… 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
    7. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    8. 受診券を用いた風疹抗体検査数、12万件超えに 39~56歳男性に対する「風疹の追加的対策」開始
    9. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    10. 「HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を」 産婦人科医とともに堀江貴文氏らが訴え
    医師と医学研究者におすすめの英文校正