日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

メナテトレノンカプセル15mg「トーワ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:メナテトレノンカプセル

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 15.7円(15mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ビタミンK製剤詳しく見る

  • 体内にビタミンKを補うことでビタミンKの作用により、骨を強くしたり、出血傾向などを改善する薬
ビタミンK製剤の代表的な商品名
  • グラケー
  • ケイツー
  • ケーワン

効能・効果詳しく見る

  • 骨粗鬆症の骨量の改善
  • 骨粗鬆症の疼痛の改善

注意すべき副作用詳しく見る

胃部不快感腹痛下痢悪心口内炎食欲不振消化不良便秘口渇舌炎

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • メナテトレノンとして1日45mgを3回に分けて食後に経口投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ワルファリンカリウム投与中

副作用

主な副作用

胃部不快感腹痛下痢悪心口内炎食欲不振消化不良便秘口渇舌炎嘔吐

上記以外の副作用

過敏症発疹そう痒発赤頭痛眩暈ふらつきしびれ血圧上昇動悸AST上昇ALT上昇γ−GTP上昇BUN上昇頻尿浮腫眼異常関節痛倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • ワルファリンカリウム投与中

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ワルファリンカリウム 期待薬効が減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    骨粗鬆症における骨量・疼痛の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    メナテトレノンとして1日45mgを3回に分けて食後に経口投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.消化器:(頻度不明)胃部不快感、腹痛、下痢、悪心、口内炎、食欲不振、消化不良、便秘、口渇、舌炎、嘔吐。
    2.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒、発赤。
    3.精神神経系:(頻度不明)頭痛、眩暈、ふらつき、しびれ。
    4.循環器:(頻度不明)血圧上昇、動悸。
    5.肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇等。
    6.泌尿器:(頻度不明)BUN上昇、頻尿等。
    7.その他:(頻度不明)浮腫、眼異常、関節痛、倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    ワルファリンカリウム投与中の患者。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の適用にあたっては、厚生省「老人性骨粗鬆症の予防及び治療法に関する総合的研究班」の診断基準(骨量減少の有無、骨折の有無、腰背痛の有無などの総合による)等を参考に、骨粗鬆症との診断が確立し、骨量減少・疼痛がみられる患者を対象とする。
    2.発疹、発赤、そう痒等が現れた場合には投与を中止する。
    (相互作用)
    併用禁忌:ワルファリンカリウム<ワーファリン>[ワルファリンの期待薬効が減弱する可能性があるので、患者がワルファリン療法を必要とする場合はワルファリン療法を優先し、本剤の投与を中止し、プロトロンビン時間、トロンボテストなど血液凝固能検査を実施し、ワルファリンが維持量に達するまで定期的にモニタリングを行う(ワルファリンは肝細胞内のビタミンK代謝サイクルを阻害し、凝固能のない血液凝固因子を産生することにより抗凝固作用、血栓形成の予防作用を示す製剤であり、本剤はビタミンK2製剤であるため、ワルファリンと併用するとワルファリンの作用を減弱する)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者に長期にわたって投与されることが多い薬剤なので、投与中は患者の状態を十分に観察する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦、授乳婦への投与に関する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (小児等への投与)
    小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (適用上の注意)
    1.投与時:本剤は空腹時投与で吸収が低下するので、必ず食後に服用させる(なお、本剤は脂溶性であるため、食事に含まれる脂肪量が少ない場合には吸収が低下する)。
    2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。
    (保管上の注意)
    気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
    2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
    3. 81歳女性。フェニトイン服用中の転倒 日経メディクイズ●脳神経内科
    4. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
    5. 瞬間的心電図判読方法の良書 医学書ソムリエ
    6. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
    7. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    8. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
    9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
    10. TAVIやAVRを受けた後は心房細動発症率が高い JAMA Intern Med誌から
    医師と医学研究者におすすめの英文校正