基本情報

薬効分類

ビタミンK製剤詳しく見る

  • 体内にビタミンKを補うことでビタミンKの作用により、骨を強くしたり、出血傾向などを改善する薬
ビタミンK製剤の代表的な商品名
  • グラケー
  • ケイツー
  • ケーワン

効能・効果詳しく見る

  • 胃腸障害のビタミンK吸収障害
  • 肝障害の低プロトロンビン血症
  • 新生児低プロトロンビン血症
  • ビタミンK欠乏の出血
  • ビタミンK欠乏症の治療
  • ビタミンK欠乏症の予防
  • 薬剤投与中の低プロトロンビン血症
  • 胆道障害のビタミンK吸収障害

注意すべき副作用詳しく見る

高ビリルビン血症悪心嘔気軟便

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中におこる低プロトロンビン血症、胆道及び胃腸障害に伴うビタミンKの吸収障害、肝障害に伴う低プロトロンビン血症には20〜50mgを分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 新生児(0日〜27日)

副作用

主な副作用

高ビリルビン血症悪心嘔気軟便

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 新生児(0日〜27日)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
クマリン系抗凝血剤 作用を減弱
ワルファリン 作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンK欠乏症の予防及び治療:
    1).各種薬剤投与中(クマリン系抗凝血薬、サリチル酸、抗生物質等)におこる低プロトロンビン血症。
    2).胆道障害及び胃腸障害に伴うビタミンK吸収障害。
    3).新生児低プロトロンビン血症。
    4).肝障害に伴う低プロトロンビン血症。
    2.ビタミンK欠乏が推定される出血。

    用法・用量(添付文書全文)

    フィトナジオンとして、1日5〜15mg、新生児出血の予防には母体に対し10mg、薬剤投与中におこる低プロトロンビン血症、胆道及び胃腸障害に伴うビタミンKの吸収障害、肝障害に伴う低プロトロンビン血症には20〜50mgを分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。
    1.血液:類薬(メナジオン)で大量・長期投与により、高ビリルビン血症が現れるとの報告があるので、血液凝固異常を考慮して慎重に投与する。
    2.消化器:悪心、嘔気、軟便等(頻度不明)が現れることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:クマリン系抗凝血薬(ワルファリン)[併用に注意する(ワルファリンの作用を減弱する)]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠末期の婦人には大量投与を避ける[類薬(メナジオン)で大量投与により、新生児等に高ビリルビン血症が現れるとの報告がある]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    開封後も遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    2. 4歳女児。顔面のソバカス様の小色素斑 日経メディクイズ●皮膚
    3. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
    4. 惰性のモニタリング、だせーじゃん? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    5. 最難関の新「造血器腫瘍ガイドライン」をモノにせよ 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
    6. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
    7. 都道府県でこんなに違う!看護師、介護職の賃金相場 記者の眼
    8. 骨棘を除去したのに嚥下機能は低下、どうする? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
    9. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
    10. 急速に様変わりする肝細胞癌の治療 日経メディカルOncologyリポート
    医師と医学研究者におすすめの英文校正