日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ユベラ顆粒20%の基本情報

準先発品
一般名
製薬会社
薬価・規格
9.4円(20%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
ビタミンE製剤

血管の血流改善により血行をよくしたり、コレステロールを低下させることなどにより、頭痛、肩こり、冷えや動脈硬化などを改善する薬

ビタミンE製剤
  • ユベラ
  • ユベラN
効能・効果
  • 過酸化脂質の増加の防止
  • 間欠性跛行症
  • 血栓性静脈炎
  • 四肢冷感症
  • 静脈血栓症
  • 凍瘡
  • 糖尿病性網膜症
  • 動脈硬化症
  • ビタミンE欠乏症の治療
  • ビタミンE欠乏症の予防
  • 末梢循環障害
注意すべき副作用
便秘 、 胃部不快感 、 下痢 、 過敏症 、 発疹
用法・用量(主なもの)
  • 1回0.25〜0.5g(トコフェロール酢酸エステルとして、50〜100mg)を、1日2〜3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用
便秘 、 胃部不快感 、 下痢 、 過敏症 、 発疹

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.ビタミンE欠乏症の予防及び治療。
2.末梢循環障害(間欠性跛行症、動脈硬化症、静脈血栓症、血栓性静脈炎、糖尿病性網膜症、凍瘡、四肢冷感症)。
3.過酸化脂質の増加防止。
1.以外の効能については、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない。

用法・用量(添付文書全文)

1回0.25〜0.5g(トコフェロール酢酸エステルとして、50〜100mg)を、1日2〜3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

総症例3,586例中、32例(0.89%)の副作用が報告されている(再評価結果時)。
1.消化器:(0.1〜5%未満)便秘、胃部不快感、(0.1%未満)下痢。
2.過敏症:(0.1%未満)発疹。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。