日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アスコルビン酸注500mg「NP」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
84円(500mg1管)
添付文書

基本情報

薬効分類
ビタミンC製剤

ビタミンCを補うことで、壊血病などの予防や治療、皮膚炎や皮膚の色素沈着の改善などに使用する薬

ビタミンC製剤
  • アスコルビン酸、ハイシー
  • シナール
効能・効果
  • 壊血病の治療
  • 壊血病の予防
  • 授乳婦のビタミンCの補給
  • 消耗性疾患のビタミンCの補給
  • 妊産婦のビタミンCの補給
  • 激しい肉体労働時のビタミンCの補給
  • ビタミンC欠乏症の治療
  • ビタミンC欠乏症の予防
  • メルレル・バロー病の治療
  • メルレル・バロー病の予防
  • ビタミンC欠乏の炎症後の色素沈着
  • ビタミンC欠乏の肝斑
  • ビタミンC欠乏の血尿
  • ビタミンC欠乏の光線過敏性皮膚炎
  • ビタミンC欠乏の雀卵斑
  • ビタミンC欠乏の歯肉出血
  • ビタミンC欠乏の鼻出血
  • ビタミンC欠乏の副腎皮質機能障害
  • ビタミンC欠乏の毛細管出血
  • ビタミンC欠乏の薬物中毒
  • ビタミンC欠乏の骨折時の骨基質形成
  • ビタミンC欠乏の骨折時の骨癒合促進
  • ビタミンC代謝障害の炎症後の色素沈着
  • ビタミンC代謝障害の肝斑
  • ビタミンC代謝障害の血尿
  • ビタミンC代謝障害の光線過敏性皮膚炎
  • ビタミンC代謝障害の雀卵斑
  • ビタミンC代謝障害の歯肉出血
  • ビタミンC代謝障害の鼻出血
  • ビタミンC代謝障害の副腎皮質機能障害
  • ビタミンC代謝障害の毛細管出血
  • ビタミンC代謝障害の薬物中毒
  • ビタミンC代謝障害の骨折時の骨基質形成
  • ビタミンC代謝障害の骨折時の骨癒合促進
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンCの補給
用法・用量(主なもの)
  • アスコルビン酸として、1日50〜2000mgを1〜数回に分けて静脈内注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.ビタミンC欠乏症の予防及び治療(壊血病、メルレル・バロー病)。
2.ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時等)。
3.次記疾患のうち、ビタミンC欠乏又はビタミンC代謝障害が関与すると推定される場合(但し、ビタミンC欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない):毛細管出血(鼻出血、歯肉出血、血尿等)、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨折時の骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎。

用法・用量(添付文書全文)

アスコルビン酸として、1日50〜2000mgを1〜数回に分けて静脈内注射する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意(添付文書全文)

(臨床検査結果に及ぼす影響)
1.各種の尿糖検査で、尿糖の検出を妨害することがある。
2.各種の尿(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがある。
(適用上の注意)
1.投与経路:
1).経口投与が困難な場合や緊急の場合、また、経口投与で効果が不十分と考えられる場合にのみ使用する。また、投与経路は静脈内注射を原則とする。なお、経口投与が可能で効果が十分と判断された場合には、速やかに経口投与に切り替える。
2).静脈内注射にのみ使用する。
2.静脈内投与時:静脈内注射により、血管痛が現れることがあるので、投与速度はできるだけ遅くする。
3.アンプルカット時:本剤は、ワンポイントカットアンプルを使用しているので、アンプル頭部のマークを上にして反対側(下の方向)に軽く力を加えてカットする。なお、アンプルカット時の異物混入を避けるため、首部の周りをエタノール綿等で清拭する。
(取扱い上の注意)
安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験[冷所、2年6カ月間]の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、アスコルビン酸注500mg「NP」は通常の市場流通下において2年6カ月間安定であることが確認された。
(保管上の注意)
冷所・(開封後)遮光保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。