日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタミンC注「フソー」−100mg基本情報

一般名:アスコルビン酸注射液

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 82円(100mg1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 壊血病の治療
  • 壊血病の予防
  • 授乳婦のビタミンCの補給
  • 消耗性疾患のビタミンCの補給
  • 妊産婦のビタミンCの補給
  • 激しい肉体労働時のビタミンCの補給
  • ビタミンC欠乏症の治療
  • ビタミンC欠乏症の予防
  • メルレル・バロー病の治療
  • メルレル・バロー病の予防
  • ビタミンC欠乏の炎症後の色素沈着
  • ビタミンC欠乏の肝斑
  • ビタミンC欠乏の血尿
  • ビタミンC欠乏の光線過敏性皮膚炎
  • ビタミンC欠乏の雀卵斑
  • ビタミンC欠乏の歯肉出血
  • ビタミンC欠乏の鼻出血
  • ビタミンC欠乏の副腎皮質機能障害
  • ビタミンC欠乏の毛細管出血
  • ビタミンC欠乏の薬物中毒
  • ビタミンC欠乏の骨折時の骨基質形成
  • ビタミンC欠乏の骨折時の骨癒合促進
  • ビタミンC代謝障害の炎症後の色素沈着
  • ビタミンC代謝障害の肝斑
  • ビタミンC代謝障害の血尿
  • ビタミンC代謝障害の光線過敏性皮膚炎
  • ビタミンC代謝障害の雀卵斑
  • ビタミンC代謝障害の歯肉出血
  • ビタミンC代謝障害の鼻出血
  • ビタミンC代謝障害の副腎皮質機能障害
  • ビタミンC代謝障害の毛細管出血
  • ビタミンC代謝障害の薬物中毒
  • ビタミンC代謝障害の骨折時の骨基質形成
  • ビタミンC代謝障害の骨折時の骨癒合促進
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンCの補給

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • アスコルビン酸として、1日50〜2000mgを1〜数回に分けて皮下、筋肉内又は静脈内注射する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)

年齢や性別に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 乳・幼・小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンC欠乏症の予防及び治療(壊血病、メルレル・バロー病)。
    2.ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時など)。
    3.次記疾患のうち、ビタミンC欠乏又はビタミンC代謝障害が関与すると推定される場合:毛細管出血(鼻出血、歯肉出血、血尿など)、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨折時の骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎。
    前記の諸症のうち3.の効能・効果に対しては、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    アスコルビン酸として、1日50〜2000mgを1〜数回に分けて皮下、筋肉内又は静脈内注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意する[外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99〜234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある(本剤は添加剤としてベンジルアルコールを含有している)]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    1.各種の尿糖検査で、尿糖の検出を妨害することがある。
    2.各種の尿検査(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがある。
    (適用上の注意)
    1.アンプルカット時:本剤にはアンプルカット時にガラス微小片混入の少ないクリーンカットアンプル(CCアンプル)を使用してあるが、更に安全に使用するため、従来どおりエタノール綿等で清拭することが望ましい。
    2.皮下・筋肉内注射時:皮下・筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に配慮する。
    1).皮下・筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    2).皮下・筋肉内注射時繰り返し注射する場合には、注射部位を変え、たとえば左右交互に注射するなど配慮する。なお、乳・幼・小児には皮下・筋肉内注射を連用しないことが望ましい。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
    3.皮下・筋肉内注射時:皮下・筋肉内注射により注射部位に疼痛が現れることがある。
    4.静脈内注射時:静脈内注射により血管痛が現れることがあるので、注射の速度はできるだけ遅くする。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正