日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コメスゲン注射液500μgの基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
56円(0.5mg1管)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • ビタミンB12欠乏の巨赤芽球性貧血
  • 末梢性神経障害
注意すべき副作用
アナフィラキシー様反応 、 血圧降下 、 呼吸困難 、 過敏症 、 発疹 、 頭痛 、 発熱感 、 発汗 、 疼痛 、 硬結
用法・用量(主なもの)
  • 1.末梢性神経障害の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する
    • 但し、年齢及び症状により適宜増減する
  • 2.巨赤芽球性貧血の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する
  • 約2カ月投与した後、維持療法として1〜3カ月に1回メコバラミンとして500μgを投与する

副作用

主な副作用
過敏症 、 発疹 、 頭痛 、 発熱感 、 発汗 、 疼痛 、 硬結
重大な副作用
アナフィラキシー様反応 、 血圧降下 、 呼吸困難

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.末梢性神経障害。
2.ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血。
<効能又は効果に関連する使用上の注意>
本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法・用量(添付文書全文)

1.末梢性神経障害の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。但し、年齢及び症状により適宜増減する。
2.巨赤芽球性貧血の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。約2カ月投与した後、維持療法として1〜3カ月に1回メコバラミンとして500μgを投与する。

副作用(添付文書全文)

1.重大な副作用(頻度不明)
アナフィラキシー様反応:血圧降下、呼吸困難等のアナフィラキシー様反応を起こすことがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).過敏症:発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2).その他:頭痛、発熱感、発汗、筋肉内注射部位の疼痛・硬結。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.投与時:光分解を受けやすいので、開封後直ちに使用するとともに、遮光に留意する。
2.筋肉内注射時:筋肉内に投与する場合は、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に注意する。
1).筋肉内注射時同一部位への反復注射は避ける。なお、低出生体重児、新生児、乳児、小児には特に注意する。
2).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流を見た場合には、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
3.アンプルカット時:本品は一点カットアンプルを使用しているので、ヤスリを用いず、アンプル枝部のマーク(白)の反対方向に折り取る。なお、カット部分はエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
(取扱い上の注意)
安定性試験:室温保存(室温、12カ月)、光照射(30℃、1000ルクス、150分)及び加温(40℃、3カ月)の各条件下での安定性試験の結果、コメスゲン注射液500μgは光に対して不安定であることが認められ、室温及び加温保存においては経時的に安定であると考えられた。
(保管上の注意)
本剤は光に不安定なので遮光して保存する。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。