日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コメスゲン注射液500μg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:メコバラミン注射液

製薬会社:辰巳化学

薬価・規格: 56円(0.5mg1管) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • ビタミンB12欠乏の巨赤芽球性貧血
  • 末梢性神経障害

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシー様反応血圧降下呼吸困難過敏症発疹頭痛発熱感発汗疼痛硬結

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.末梢性神経障害の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する
    • 但し、年齢及び症状により適宜増減する
  • 2.巨赤芽球性貧血の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する
  • 約2カ月投与した後、維持療法として1〜3カ月に1回メコバラミンとして500μgを投与する

副作用

主な副作用

過敏症発疹頭痛発熱感発汗疼痛硬結

重大な副作用

アナフィラキシー様反応血圧降下呼吸困難

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.末梢性神経障害。
    2.ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血。
    <効能又は効果に関連する使用上の注意>
    本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.末梢性神経障害の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。但し、年齢及び症状により適宜増減する。
    2.巨赤芽球性貧血の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。約2カ月投与した後、維持療法として1〜3カ月に1回メコバラミンとして500μgを投与する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    1.重大な副作用(頻度不明)
    アナフィラキシー様反応:血圧降下、呼吸困難等のアナフィラキシー様反応を起こすことがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
    2).その他:頭痛、発熱感、発汗、筋肉内注射部位の疼痛・硬結。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    1.投与時:光分解を受けやすいので、開封後直ちに使用するとともに、遮光に留意する。
    2.筋肉内注射時:筋肉内に投与する場合は、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に注意する。
    1).筋肉内注射時同一部位への反復注射は避ける。なお、低出生体重児、新生児、乳児、小児には特に注意する。
    2).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流を見た場合には、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    3.アンプルカット時:本品は一点カットアンプルを使用しているので、ヤスリを用いず、アンプル枝部のマーク(白)の反対方向に折り取る。なお、カット部分はエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:室温保存(室温、12カ月)、光照射(30℃、1000ルクス、150分)及び加温(40℃、3カ月)の各条件下での安定性試験の結果、コメスゲン注射液500μgは光に対して不安定であることが認められ、室温及び加温保存においては経時的に安定であると考えられた。
    (保管上の注意)
    本剤は光に不安定なので遮光して保存する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
    2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
    9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正