日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ノイメチコール錠500μg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:メコバラミン錠

製薬会社:寿製薬

薬価・規格: 5.6円(0.5mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ビタミンB12製剤詳しく見る

  • ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
ビタミンB12製剤の代表的な商品名
  • メチコバール
  • ハイコバール

効能・効果詳しく見る

  • 末梢性神経障害

注意すべき副作用詳しく見る

食欲不振悪心嘔吐下痢過敏症発疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • メコバラミンとして1日1500μgを3回に分けて経口投与する
    • 但し、年齢及び症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

食欲不振悪心嘔吐下痢過敏症発疹

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    末梢性神経障害。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきではない。

    用法・用量(添付文書全文)

    メコバラミンとして1日1500μgを3回に分けて経口投与する。但し、年齢及び症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    その他の副作用(頻度不明)
    1.消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、下痢。
    2.過敏症:発疹。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    水銀及びその化合物を取り扱う職業従事者に長期にわたって大量に投与することは避けることが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、38カ月)の結果、ノイメチコール錠500μgは通常の市場流通下において3年2カ月間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    遮光密閉容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
    2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
    3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
    4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
    5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
    6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
    8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
    9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
    10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
    医師と医学研究者におすすめの英文校正