日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

メチコバイド錠500μg基本情報

後発品(加算対象)

一般名:メコバラミン錠

製薬会社:ダイト

薬価・規格: 5.6円(0.5mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ビタミンB12製剤詳しく見る

  • ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
ビタミンB12製剤の代表的な商品名
  • メチコバール
  • ハイコバール

効能・効果詳しく見る

  • 末梢性神経障害

注意すべき副作用詳しく見る

食欲不振悪心嘔吐下痢過敏症発疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • メコバラミンとして1日1500μgを3回にわけて経口投与する
    • 但し、年齢及び症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

食欲不振悪心嘔吐下痢過敏症発疹

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    末梢性神経障害。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    メコバラミンとして1日1500μgを3回にわけて経口投与する。但し、年齢及び症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.消化器:(頻度不明)食欲不振、悪心・嘔吐、下痢。
    2.過敏症:(頻度不明)発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
    (その他の注意)
    水銀及びその化合物を取り扱う職業従事者に長期にわたって大量に投与することは避けることが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃・60%RH、3年間)の結果、外観、溶出挙動、含量等は規格の範囲内であり、メチコバイド錠500μgは通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    遮光・防湿。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
    2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
    3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
    4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
    5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
    6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
    7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
    8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
    9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
    10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
    医師と医学研究者におすすめの英文校正