日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタミンB6散10%「マルイシ」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
19円(10%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
ビタミンB6製剤

ビタミンB6を補い、口内炎や湿疹、貧血、手足のしびれなどを改善する薬

ビタミンB6製剤
  • ピドキサール
効能・効果
  • 授乳婦のビタミンB6の補給
  • 消耗性疾患のビタミンB6の補給
  • 妊産婦のビタミンB6の補給
  • ビタミンB6依存症
  • ビタミンB6欠乏症の治療
  • ビタミンB6欠乏症の予防
  • ビタミンB6反応性貧血
  • ビタミンB6欠乏の急性湿疹
  • ビタミンB6欠乏の口角炎
  • ビタミンB6欠乏の口唇炎
  • ビタミンB6欠乏の脂漏性湿疹
  • ビタミンB6欠乏の舌炎
  • ビタミンB6欠乏の接触皮膚炎
  • ビタミンB6欠乏の放射線宿酔
  • ビタミンB6欠乏の放射線障害
  • ビタミンB6欠乏の末梢神経炎
  • ビタミンB6欠乏の慢性湿疹
  • ビタミンB6代謝障害の急性湿疹
  • ビタミンB6代謝障害の口角炎
  • ビタミンB6代謝障害の口唇炎
  • ビタミンB6代謝障害の脂漏性湿疹
  • ビタミンB6代謝障害の舌炎
  • ビタミンB6代謝障害の接触皮膚炎
  • ビタミンB6代謝障害の放射線宿酔
  • ビタミンB6代謝障害の放射線障害
  • ビタミンB6代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミンB6代謝障害の慢性湿疹
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンB6の補給
注意すべき副作用
横紋筋融解症 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 血中ミオグロビン上昇 、 尿中ミオグロビン上昇 、 急性腎不全 、 重篤な腎障害 、 光線過敏症 、 下痢 、 嘔吐
用法・用量(主なもの)
  • ピリドキシン塩酸塩として、1日10〜100mg(本剤:0.1〜1g)を経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 極めてまれであるが、依存症の場合には、より大量を用いる必要のある場合もある

副作用

主な副作用
光線過敏症 、 下痢 、 嘔吐 、 肝機能異常 、 末梢神経障害 、 手足のしびれ 、 知覚異常
重大な副作用
横紋筋融解症 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 血中ミオグロビン上昇 、 尿中ミオグロビン上昇 、 急性腎不全 、 重篤な腎障害

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳幼児(0歳〜6歳)
  • 注意
    • ビタミンB6依存症の新生児(0日〜27日)
    • ビタミンB6依存症の乳幼児(0歳〜6歳)
  • 投与に際する指示
    • ビタミンB6依存症の新生児(0日〜27日)
    • ビタミンB6依存症の乳幼児(0歳〜6歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
レボドパ
作用を減弱

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.ビタミンB6欠乏症の予防及び治療(薬物投与<例えばイソニアジド>によるものを含む)。
2.ビタミンB6の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)。
3.ビタミンB6依存症(ビタミンB6反応性貧血など)。
4.次記疾患のうち、ビタミンB6欠乏又はビタミンB6代謝障害が関与すると推定される場合:口角炎、口唇炎、舌炎、急性湿疹・慢性湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、末梢神経炎、放射線障害(放射線宿酔)。
4.の適応に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法・用量(添付文書全文)

ピリドキシン塩酸塩として、1日10〜100mg(本剤:0.1〜1g)を経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。極めてまれであるが、依存症の場合には、より大量を用いる必要のある場合もある。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
ビタミンB6依存症に大量を用いる必要のある場合は観察を十分に行いながら投与する。特にビタミンB6依存症の新生児、ビタミンB6依存症の乳幼児への投与は少量から徐々に増量し、症状に適合した投与量に到達させる。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用
横紋筋融解症(頻度不明):新生児、乳幼児に大量に用いた場合、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れ、急性腎不全等の重篤な腎障害に至ることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止する。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).皮膚:光線過敏症[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。
2).消化器:下痢、嘔吐[新生児、乳幼児に大量に用いた場合、認められたとの報告がある]。
3).肝臓:肝機能異常[新生児、乳幼児に大量に用いた場合、認められたとの報告がある]。
4).大量・長期投与:末梢神経障害(手足のしびれ、知覚異常等)[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(相互作用)
併用注意:レボドパ[レボドパの作用を減弱することがある(レボドパのドパミンへの脳以外の代謝が増加し、ドパミンは血液脳関門を通過し難いことから作用が減弱する)]。
(小児等への投与)
新生児、乳幼児に大量に用いた場合、横紋筋融解症、下痢、嘔吐、肝機能異常等の副作用が現れることがあるので、慎重に投与する。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。