日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビオタミン散10%基本情報

一般名:ベンフォチアミン散

製薬会社:第一三共

薬価・規格: - (10%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 脚気衝心
  • 甲状腺機能亢進症のビタミンB1の補給
  • 授乳婦のビタミンB1の補給
  • 消耗性疾患のビタミンB1の補給
  • 妊産婦のビタミンB1の補給
  • 激しい肉体労働時のビタミンB1の補給
  • ビタミンB1欠乏症の治療
  • ビタミンB1欠乏症の予防
  • ビタミンB1欠乏の胃腸運動機能障害
  • ビタミンB1欠乏の関節痛
  • ビタミンB1欠乏の筋肉痛
  • ビタミンB1欠乏の心筋代謝障害
  • ビタミンB1欠乏の神経痛
  • ビタミンB1欠乏の便秘
  • ビタミンB1欠乏の末梢神経炎
  • ビタミンB1欠乏の末梢神経麻痺
  • ビタミンB1代謝障害の胃腸運動機能障害
  • ビタミンB1代謝障害の関節痛
  • ビタミンB1代謝障害の筋肉痛
  • ビタミンB1代謝障害の心筋代謝障害
  • ビタミンB1代謝障害の神経痛
  • ビタミンB1代謝障害の便秘
  • ビタミンB1代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミンB1代謝障害の末梢神経麻痺
  • ウェルニッケ脳症
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンB1の補給

注意すべき副作用詳しく見る

胃部不快感食欲不振悪心下痢

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • チアミン塩化物塩酸塩として、1日5〜100mgを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

胃部不快感食欲不振悪心下痢

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンB1欠乏症の予防及び治療。
    2.ビタミンB1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時など)。
    3.ウェルニッケ脳症。
    4.脚気衝心。
    5.次記疾患のうち、ビタミンB1欠乏又はビタミンB1代謝障害が関与すると推定される場合:神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎、末梢神経麻痺、心筋代謝障害、便秘などの胃腸運動機能障害。
    注:5.の適応に対しては、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    チアミン塩化物塩酸塩として、1日5〜100mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    消化器:(頻度不明)胃部不快感、食欲不振、悪心、下痢。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
    3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
    4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
    6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
    7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
    8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
    9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
    10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
    医師と医学研究者におすすめの英文校正