日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フルスルチアミン塩酸塩顆粒10%「廣貫堂」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:フルスルチアミン顆粒

製薬会社:廣貫堂

薬価・規格: 6.4円(10%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

ビタミンB1製剤詳しく見る

  • ビタミンB1を補い、しびれ、むくみ、動悸、食欲不振、神経や運動機能の低下などを改善する薬
ビタミンB1製剤の代表的な商品名
  • アリナミン
  • ジアノイナミン

効能・効果詳しく見る

  • 脚気衝心
  • 甲状腺機能亢進症のビタミンB1の補給
  • 授乳婦のビタミンB1の補給
  • 消耗性疾患のビタミンB1の補給
  • 妊産婦のビタミンB1の補給
  • 激しい肉体労働時のビタミンB1の補給
  • ビタミンB1欠乏症の治療
  • ビタミンB1欠乏症の予防
  • ビタミンB1欠乏の胃腸運動機能障害
  • ビタミンB1欠乏の関節痛
  • ビタミンB1欠乏の筋肉痛
  • ビタミンB1欠乏の術後腸管麻痺
  • ビタミンB1欠乏の心筋代謝障害
  • ビタミンB1欠乏の神経痛
  • ビタミンB1欠乏の便秘
  • ビタミンB1欠乏の末梢神経炎
  • ビタミンB1欠乏の末梢神経麻痺
  • ビタミンB1代謝障害の胃腸運動機能障害
  • ビタミンB1代謝障害の関節痛
  • ビタミンB1代謝障害の筋肉痛
  • ビタミンB1代謝障害の術後腸管麻痺
  • ビタミンB1代謝障害の心筋代謝障害
  • ビタミンB1代謝障害の神経痛
  • ビタミンB1代謝障害の便秘
  • ビタミンB1代謝障害の末梢神経炎
  • ビタミンB1代謝障害の末梢神経麻痺
  • ウェルニッケ脳症
  • 食事からの摂取が不十分のビタミンB1の補給

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹悪心胸やけ胃痛胃部不快感下痢口内炎

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • フルスルチアミンとして、1日5〜100mgを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

副作用

主な副作用

過敏症発疹悪心胸やけ胃痛胃部不快感下痢口内炎

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.ビタミンB1欠乏症の予防及び治療。
    2.ビタミンB1の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時等)。
    3.ウェルニッケ脳症。
    4.脚気衝心。
    5.次記疾患のうちビタミンB1欠乏又はビタミンB1代謝障害が関与すると推定される場合:神経痛、筋肉痛、関節痛、末梢神経炎、末梢神経麻痺、心筋代謝障害、便秘等の胃腸運動機能障害、術後腸管麻痺。
    5.の効能・効果に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。

    用法・用量(添付文書全文)

    フルスルチアミンとして、1日5〜100mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.過敏症:(頻度不明)発疹[このような場合には投与を中止する]。
    2.消化器:(頻度不明)悪心、胸やけ、胃痛、胃部不快感、下痢、口内炎。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、3年)の結果、フルスルチアミン塩酸塩顆粒10%「廣貫堂」は、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
    6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
    7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
    9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正