日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フッ化ナトリウム洗口液0.1%「ビーブランド」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (0.1%1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • う蝕の予防
注意すべき副作用
過敏症状
用法・用量(主なもの)
  • 1回フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に次の方法により洗口する
  • <洗口方法>薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分歯面にゆきわたるように含み洗いさせる
  • 次に薬液を十分に吐き出させる
  • 1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼児
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 幼児・小児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 飲み込む恐れのある幼児(0歳〜6歳)

副作用

主な副作用
過敏症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼児
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 禁止
    • 飲み込む恐れのある幼児(0歳〜6歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

う蝕の予防。

用法・用量(添付文書全文)

1回フッ化ナトリウムとして0.05〜0.1%溶液5〜10mLを用い、1日1回食後又は就寝前に次の方法により洗口する。
<洗口方法>
薬液を口に含み、約30秒間薬液が十分歯面にゆきわたるように含み洗いさせる。次に薬液を十分に吐き出させる。1回に口に含む液量は、年齢等による口腔の大きさを考慮して定めるが、未就学児で5mL、学童以上で7〜10mLが適当である。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
過敏症:過敏症状(頻度不明)(過敏症状が現れた場合には、直ちに洗口を中止させる)。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.う蝕の予防<洗口>にのみ使用する。
2.飲み込まないよう、よく指導する。
3.飲み込む恐れのある幼児には使用しない。
4.誤って飲用し、嘔吐、腹痛、下痢などの急性中毒症状を起こした場合には、牛乳、グルコン酸カルシウム水和物などのカルシウム剤を応急的に服用させ、医師の診療を受けさせる。
5.歯科医師の指導により使用する。
(取扱上の注意)
1.本剤の使用方法については十分に保護者に対して説明し、家庭での幼児・小児の洗口は保護者の監督下で行わせる。
2.水で洗口を練習させるなど、洗口ができることを確認してから使用させる。
3.子供の手の届かない所に保管させる。
4.できるだけ清潔で涼しい所に保管させる。
5.少なくとも年に1回の歯科健診を受診させる。
6.安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、75%RH、6カ月)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。