日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

バトラーフローデンフォームA酸性2%の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (2%1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • う蝕の予防
注意すべき副作用
過敏症状 、 口腔内軟部組織痛 、 口腔内感覚異常 、 一過性の舌のピリピリ感 、 口内のピリピリ感 、 頬粘膜違和感
用法・用量(主なもの)
  • 歯面に対し年間1〜2回次の方法により実施する
  • [塗布方法]1.一般的方法(綿球法)1).歯面の清掃:歯ブラシ等によって口腔内を十分に清掃してから、必要ある時は塗布面の歯石を除去し、ポリッシングブラシ又はポリッシングカップに研磨剤をつけて歯面から歯垢(苔)を除くようにする
  • 2).防湿・乾燥:巻綿花を用いて塗布する歯を孤立させ、綿球で唾液を拭った後、圧縮空気で乾燥する
  • 3).薬剤の塗布:薬剤(2mL以下)に浸した脱脂綿、ガーゼ等で歯面をなるべく長く薬剤に浸潤させる
  • 塗布後約30分間は洗口させないで唾液を吐かせる程度にとどめる
  • 2.トレー法1).歯面の清掃:一般的方法と同様に行う
  • 2).トレーの選択:歯(列)弓に適合するトレーを選ぶ
  • 3).トレーの装着:トレーに薬剤(2mL以下)をのせ、口腔内に挿入し、軽く歯列に圧接して約4分間噛ませる
  • 4).トレーの除去:トレーをはずす
  • 塗布後約30分間は洗口させないで唾液を吐かせる程度にとどめる

副作用

主な副作用
過敏症状 、 口腔内軟部組織痛 、 口腔内感覚異常 、 一過性の舌のピリピリ感 、 口内のピリピリ感 、 頬粘膜違和感

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 注意
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 幼小児(0歳〜14歳)
  • 投与に際する指示
    • 幼小児(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

う蝕の予防。

用法・用量(添付文書全文)

歯面に対し年間1〜2回次の方法により実施する。
[塗布方法]
1.一般的方法(綿球法)
1).歯面の清掃:歯ブラシ等によって口腔内を十分に清掃してから、必要ある時は塗布面の歯石を除去し、ポリッシングブラシ又はポリッシングカップに研磨剤をつけて歯面から歯垢(苔)を除くようにする。
2).防湿・乾燥:巻綿花を用いて塗布する歯を孤立させ、綿球で唾液を拭った後、圧縮空気で乾燥する。
3).薬剤の塗布:薬剤(2mL以下)に浸した脱脂綿、ガーゼ等で歯面をなるべく長く薬剤に浸潤させる。塗布後約30分間は洗口させないで唾液を吐かせる程度にとどめる。
2.トレー法
1).歯面の清掃:一般的方法と同様に行う。
2).トレーの選択:歯(列)弓に適合するトレーを選ぶ。
3).トレーの装着:トレーに薬剤(2mL以下)をのせ、口腔内に挿入し、軽く歯列に圧接して約4分間噛ませる。
4).トレーの除去:トレーをはずす。塗布後約30分間は洗口させないで唾液を吐かせる程度にとどめる。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
塗布薬液量は2mL以下とし、幼小児においては必要最小限度にとどめる。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用
1.過敏症(頻度不明):過敏症状が現れたとの報告があるので、そのような場合には、直ちに塗布を中止し、適切な処置を行う。
2.口腔内軟部組織痛及び口腔内感覚異常(頻度不明):使用後に、一過性の舌のピリピリ感や口内のピリピリ感や頬粘膜違和感が現れることがある。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.う蝕の予防<歯面塗布>にのみ使用する。
2.腐食性があるので、できるだけ口腔粘膜に薬液が触れないように注意する。
3.塗布後約30分間は洗口させない(但し、薬液の残留する唾液は吐き出させ、飲み込まないように指示する)。
4.誤って飲用し、嘔吐、腹痛、下痢等の急性中毒症状を起こした場合には、牛乳、グルコン酸カルシウム水和物等のカルシウム剤を応急的に服用させ、医師の診療を受けさせる。
5.歯科医師又はその指導下で歯科衛生士が取り扱う。
(その他の注意)
In vitro試験において、本剤との接触により、チタン、チタン合金(Ti−6Al−4V)又はケイ素含有材料(歯科用グラスアイオノマーセメント、歯科用コンポジットレジン充填材等)が変色したり表面性状に影響を及ぼすとの報告がある。
(取扱い上の注意)
1.容器及び器具は必ずポリプロピレン製等を使用し、ガラス製品は使用しない。
2.フォームを吐出する際は、容器を傾け過ぎず、タテに持って容器の胴体部を押して吐出する。
3.容器は振らないで使用する。
4.使用後は必ず頭部を押し下げて密栓をし、青色カバーを装着する。
(保管上の注意)
気密容器、遮光(開封後は密栓)。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。