日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サホライド液歯科用38%の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (38%1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 象牙質鈍麻
  • 初期う蝕の進行抑制
  • 象牙質知覚過敏症の抑制
  • 二次う蝕の抑制
注意すべき副作用
一過性疼痛 、 歯髄障害 、 痛み 、 持続性疼痛
用法・用量(主なもの)
  • 1.歯面の清掃:歯牙沈着物を完全に除去したのち、オキシドールで歯面を十分清拭する
  • 2.防湿乾燥:塗布する歯を中心として巻綿花を用い歯を孤立させる
  • 唾液の多い場合には排唾管を挿入する
  • 綿球で唾液をぬぐった後、圧搾空気で歯面を乾燥する(極めて歯肉に近い部分に塗布する場合は、ラバーダムを用いるか、歯肉部分にワセリン等を塗布して薬液との接触を防ぐ)
  • 3.薬剤の塗布:小綿球に薬液数滴(0.15〜0.20mL)を浸ませ3〜4分間塗布する
  • 患歯数、症状により適宜増減する
  • 4.塗布後の処置:1).防湿除去:巻綿花を取除く
  • 2).洗口:水又は希食塩水で洗口する
  • 5.塗布の回数:3〜4回前記の術式を数日間隔で行なう
  • <一般的使用方法>サホライド液歯科用38%の塗布方法は各種症状により多少異なることがある
  • 1.乳歯う蝕の進行抑制:う蝕部の遊離エナメル質をスプーンエキスカベーター等を用いて除去し、通法により局部の清掃乾燥を行ったあと前記【用法・用量】に従って本剤を3〜4分間作用させて第1回目の処置とする
  • この塗布を2〜7日間隔で計3回繰り返し行う
  • 以後3〜6カ月に1回宛経過を観察(たとえば硬さなど)することが望ましい
  • その際の状態により要すれば塗布を行う
  • 特に前歯部などにおいては、隣接面をスライスカットし自浄作用をよくして本剤を塗布するとより効果的である
  • 時期を見て必要に応じて修復処置を行う
  • 2.二次う蝕の抑制:窩洞形成又は支台歯形成完了後【用法・用量】に従って1〜2回本剤を塗布する
  • 3.象牙質知覚過敏症の抑制(象牙質鈍麻):2〜3日間隔で【用法・用量】に従って本剤を塗布し経過を観察しつつ3〜4回まで繰り返す
  • 窩洞形成又は支台歯形成の際【用法・用量】に従って本剤を塗布し知覚鈍麻をまって翌日又は翌日以後軟化象牙質の除去、又は形成を行う
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 永久歯前歯

副作用

主な副作用
一過性疼痛 、 歯髄障害 、 痛み 、 持続性疼痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 永久歯前歯
  • 注意
    • 永久歯前歯

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

初期う蝕の進行抑制、二次う蝕の抑制、象牙質知覚過敏症の抑制(象牙質鈍麻)。

用法・用量(添付文書全文)

1.歯面の清掃:歯牙沈着物を完全に除去したのち、オキシドールで歯面を十分清拭する。
2.防湿乾燥:塗布する歯を中心として巻綿花を用い歯を孤立させる。唾液の多い場合には排唾管を挿入する。綿球で唾液をぬぐった後、圧搾空気で歯面を乾燥する(極めて歯肉に近い部分に塗布する場合は、ラバーダムを用いるか、歯肉部分にワセリン等を塗布して薬液との接触を防ぐ)。
3.薬剤の塗布:小綿球に薬液数滴(0.15〜0.20mL)を浸ませ3〜4分間塗布する。患歯数、症状により適宜増減する。
4.塗布後の処置:
1).防湿除去:巻綿花を取除く。
2).洗口:水又は希食塩水で洗口する。
5.塗布の回数:3〜4回前記の術式を数日間隔で行なう。
<一般的使用方法>
サホライド液歯科用38%の塗布方法は各種症状により多少異なることがある。
1.乳歯う蝕の進行抑制:う蝕部の遊離エナメル質をスプーンエキスカベーター等を用いて除去し、通法により局部の清掃乾燥を行ったあと前記【用法・用量】に従って本剤を3〜4分間作用させて第1回目の処置とする。この塗布を2〜7日間隔で計3回繰り返し行う。以後3〜6カ月に1回宛経過を観察(たとえば硬さなど)することが望ましい。その際の状態により要すれば塗布を行う。特に前歯部などにおいては、隣接面をスライスカットし自浄作用をよくして本剤を塗布するとより効果的である。時期を見て必要に応じて修復処置を行う。
2.二次う蝕の抑制:窩洞形成又は支台歯形成完了後【用法・用量】に従って1〜2回本剤を塗布する。
3.象牙質知覚過敏症の抑制(象牙質鈍麻):2〜3日間隔で【用法・用量】に従って本剤を塗布し経過を観察しつつ3〜4回まで繰り返す。窩洞形成又は支台歯形成の際【用法・用量】に従って本剤を塗布し知覚鈍麻をまって翌日又は翌日以後軟化象牙質の除去、又は形成を行う。

副作用(添付文書全文)

副作用頻度報告を含む総調査症例58,615歯中の副作用は一過性疼痛0.11%(66歯)、持続性疼痛0.05%(28歯)、歯髄障害0.12%(69歯)であった。
歯髄への影響:本剤は歯質への滲透性があるので、う窩の状態によって、一時的に歯髄に影響を与える場合がある(塗布直後、痛みを覚えれば直ちに水、食塩水又はオキシドールで洗浄する。尚、痛みが持続する時は歯科用フェノール・カンフルを塗布する)。

使用上の注意(添付文書全文)

(慎重投与)
深在性う蝕:深在性う蝕に塗布した場合、歯髄障害をおこすことがあるので、本剤をうすめて塗布するかあるいは塗布を避ける。
(重要な基本的注意)
本剤の適用により、銀の沈着で象牙質黒変するので、永久歯前歯への適用は避ける。
(適用上の注意)
本剤は誤って歯肉、口腔粘膜に付着すると腐食する。歯肉に近い部分に塗布する場合、歯肉への付着を防ぐために、ラバーダムを用いるか、用い得ぬ場合は歯肉にワセリン、又はココアバターを前以って塗布して薬液との接触を防ぐようにする(歯肉へ誤って付着したときは速やかに水又は食塩水あるいはオキシドールで洗浄するか、洗口させる)。
(取扱い上の注意)
1.保存上の注意:
1).使用後は直ちに容器に蓋をする。
2).開封後はなるべく速やかに使用する。
2.本剤は皮膚、衣類、器具等に付着した場合、かっ色又は黒色に変わり脱色しにくいので注意する。脱色には次の方法がある。
1).皮膚:付着直後ならば、水、石鹸水、アンモニア水、希ヨードチンキ等で洗浄し、十分水洗する(なお、本剤による着色箇所は経時的に消退するので無理な脱色は避ける)。
2).衣類・器具等:前記皮膚の場合と同様に処置する。
3.本剤を使用するに際して、適量を別の小容器にとり使用する場合には、使用後の小容器に残った薬液は洗い落とすか、よく拭き取る。
(サホライド液歯科用38%の容器について)
1.容器の特長
1).ノズルの液切れがよく、滴下後ノズルをつたって容器を汚すことはほとんどない。また、キャップに液受けがあり、容器の汚れを二重に防止、したがって本剤の付着によるブラケット類の汚れも防ぐ。
2).ロケット型の外ケースの底部が広く安定性があるので、瓶をその中に立てて使用すれば、倒れることはない。
2.容器の使用方法
1).ノズルの先端に液が溜まっていれば、指先でたたいて下に落とす。
2).開栓ピンをノズルの先端にあて、押し込む(添付文書第2図)。この際、キャップ受等内部に圧力がかからない部分を保持する。
3).使用後はノズルとノズルキャップは、密着しているから、液はこぼれることはない(添付文書第3図)。
3.容器使用にあたり
1).ノズルキャップをカップ代りに使用した場合は、使用後、内部の液を洗い落としてキャップをする。
2).キャップ受中に本剤がたまった状態でキャップをすると、液が外部に押し出されることがあるので、液をよくふきとった後ノズルキャップをする。
3).本剤の付着部は経時的に着色するのでロケット型蓋、ノズルキャップ等を置くときには、接触面に液が付着していないことを確認する。
(保管上の注意)
遮光したポリエチレン製気密容器、冷暗所。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。