日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

村上キャンフェニックの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 歯髄炎の鎮静
  • 歯髄炎の鎮痛
  • う窩の消毒
  • 根管の消毒
注意すべき副作用
過敏症状
用法・用量(主なもの)
  • 通法に従って、う窩及び根管の処置後、本剤の適量を滅菌小綿球又は綿繊維に浸潤させて窩内あるいは根管内に挿入し、仮封する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 浸出液の多い根管

副作用

主な副作用
過敏症状

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 浸出液の多い根管

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

う窩及び根管の消毒、歯髄炎の鎮痛鎮静。

用法・用量(添付文書全文)

通法に従って、う窩及び根管の処置後、本剤の適量を滅菌小綿球又は綿繊維に浸潤させて窩内あるいは根管内に挿入し、仮封する。

副作用(添付文書全文)

その他の副作用
過敏症(頻度不明):過敏症状が現れることがあるので、このような場合には使用を中止する。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.腐食力が強いので注意して使用する。
2.浸出液の多い根管への適用は、根尖部の刺激性が増加するので、使用を避ける。
3.予め局所を十分乾燥してから、本品を使用する。
4.軟組織に対し局所作用を現す恐れがあるので、口腔粘膜等へ付着させないよう配慮が必要である(従って、ラバーダム防湿等を励行する)。
5.軟組織に付着した場合、直ちに拭き取り、エタノール、グリセリン、植物油で清拭するか又は多量の水で洗う等適切な処置を行う。
6.本品は顔、皮膚等に付着すると数十秒で付着部が白変し、皮膚等に付着したまま放置すると炎症を起こし、化学的損傷を生じるので、直ちに拭き取り、エタノール、グリセリン、植物油で清拭するか又は多量の水で洗う等直ちに処置する。顔、皮膚等に付着した場合は火傷の治療に準じて処置するか、直ちに皮膚科医に相談する。
7.容器から使用適量をダッペングラスにとり、滅菌小綿球又は綿繊維に浸潤させて窩内あるいは根管に挿入する。
8.眼に入らないように注意する。
9.本品は歯科用にのみ使用する。
(その他の注意)
1.急性毒性:本品の主成分フェノールについてLD50・530mg/kg(ネズミ、経口)であるが、本品はLD50・1360mg/kg(ddY系雄性マウス)であった。
2.局所刺激性:家兎背部皮膚を用いて、局所刺激性を比較したところ、生理食塩水を0、液状フェノールを1.0とした場合、本品は0.7を示した。
3.腐食性:本品はフェノール45%濃度の液であり腐食性が強く皮膚を侵して白くする。
(保管上の注意)
遮光、気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。