日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

歯科用ホルムクレゾール「村上」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 根管の消毒
注意すべき副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 蕁麻疹 、 そう痒 、 呼吸困難 、 血圧低下 、 過敏症状
用法・用量(主なもの)
  • 適量を根管内へ挿入し、仮封する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
過敏症状
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 蕁麻疹 、 そう痒 、 呼吸困難 、 血圧低下

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 患歯根尖部炎症性病巣
    • 患歯根端部炎症性病巣

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
塩化鉄<3>液
薬効が低下
酸化クロム<6>液
薬効が低下
硝酸銀液
薬効が低下

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

根管の消毒。

用法・用量(添付文書全文)

適量を根管内へ挿入し、仮封する。

副作用(添付文書全文)

1.重大な副作用
ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、そう痒、呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合には、適切な処置を行う。
2.その他の副作用
過敏症(頻度不明):過敏症状が現れることがあるので、このような場合には、使用を中止し、適切な処置を行う。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
患歯根端部炎症性病巣(患歯根尖部炎症性病巣)のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
(重要な基本的注意)
本品は、組織刺激性が強いため、歯根膜炎を起こすことがあるので、注意して使用する。
(相互作用)
併用注意:塩化鉄<3>液、酸化クロム<6>液、硝酸銀液等[変色又は沈殿を生じ、薬効が低下するため]。
(適用上の注意)
1.腐食力が強いので注意して使用する。
2.軟組織に対し局所作用を現すので、口腔粘膜等に付着させないよう配慮する(したがって、使用に際してはラバーダム防湿等を行う)。
3.本品が口腔粘膜等に付着した場合は、直ちに拭き取り、微温湯で洗口させる。また、手指等に付着した場合は、石鹸等を用いて水洗し、適切な処置を行う。
4.軟組織に付着した場合、直ちに拭き取り、エタノール、グリセリン、植物油で清拭するか又は多量の水で洗う等適切な処置を行う。
5.本品は顔、皮膚等に付着すると数秒で付着部が白変し、皮膚等に付着したまま放置すると炎症を起こし、化学的損傷を生じるので、直ちに拭き取り、エタノール、グリセリン、植物油で清拭するか又は多量の水で洗う等直ちに処置する。顔、皮膚等に付着した場合は火傷の治療に準じて処置するか、直ちに皮膚科医に相談する。
6.容器から使用適量をダッペングラスにとり、小綿球又は綿繊維に浸潤させて窩内あるいは根管に挿入する。
7.眼に入らないように注意する。
8.本品は歯科用にのみ使用する。
(その他の注意)
1.急性毒性:本品の経口毒性は、調製直後はLD50・1.60g/kg(マウス)で、密栓瓶入りで室温3年間経過品は1.4倍(1.15g/kg)で、ホルマリン及びエタノールの蒸散で濃縮等されクレゾールの毒性が相対的に強く現れる。
2.腐食性:本品の腐食性は液状フェノール(90%濃度)とほぼ同じであり腐食性が強く皮膚を侵して白くする。
(保管上の注意)
遮光、気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。