日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

クレオドンの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 歯髄炎の鎮静
  • 歯髄炎の鎮痛
  • う窩の消毒
  • 根管の消毒
  • 根端<尖>性歯周組織炎の鎮静
  • 根端<尖>性歯周組織炎の鎮痛
注意すべき副作用
過敏症状
用法・用量(主なもの)
  • 適量を患部に貼付する
  • 1.歯髄処置の場合:う窩の拡大、清掃後、適量を小綿球に浸潤させて窩内に挿入し、仮封する
  • 2.根管処置の場合:う窩・根管(髄腔)の拡大、清掃後、適量を滅菌綿繊維又はペーパーポイントに浸潤させて根管内に挿入し、仮封する

副作用

主な副作用
過敏症状

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

う窩及び根管の消毒、歯髄炎の鎮痛鎮静、根端<尖>性歯周組織炎の鎮痛鎮静。

用法・用量(添付文書全文)

適量を患部に貼付する。
1.歯髄処置の場合:う窩の拡大、清掃後、適量を小綿球に浸潤させて窩内に挿入し、仮封する。
2.根管処置の場合:う窩・根管(髄腔)の拡大、清掃後、適量を滅菌綿繊維又はペーパーポイントに浸潤させて根管内に挿入し、仮封する。

副作用(添付文書全文)

過敏症(頻度不明):過敏症状が現れた場合には、使用を中止し、適切な処置を行う。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
1.軟組織に対し局所作用を現すので、口腔粘膜等へ付着させないよう配慮する。
2.軟組織に付着した場合には、直ちに清拭し、消毒用エタノール、グリセリン、植物油等で清拭するか、又は多量の水で洗うなど適切な処置を行う。また、手指等に付着した場合には、石鹸等を用いて水又は温湯で洗浄する。万一眼に入った場合には、直ちに多量の水で洗浄する等の適切な処置を行う。
3.歯科用にのみ使用する。
(その他の注意)
急性毒性(グアヤコール):ラット経口LD50=725mg/kg。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。