日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

氷酢酸「東豊」の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
8.4円(10g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 矯味
  • 緩衝
  • 収れん液の調剤
  • 洗浄液の調剤
用法・用量(主なもの)
  • 洗浄液、収れん液の調剤に用いる
    • また、緩衝・矯味の目的で調剤に用いる

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

洗浄液、収れん液の調剤に用いる。また、緩衝・矯味の目的で調剤に用いる。

用法・用量(添付文書全文)

洗浄液、収れん液の調剤に用いる。また、緩衝・矯味の目的で調剤に用いる。

使用上の注意(添付文書全文)

(適用上の注意)
使用時:
1.本剤の蒸気は引火しやすいので注意する(引火点約44℃)。
2.本剤の蒸気は呼吸器を刺激し、皮膚にふれると激しい炎症をおこす。
3.本剤は、皮膚、粘膜を刺激し、これを腐食、発泡、発赤させる作用がある。
4.誤って摂取した場合、口激痛、咽喉激痛、腹部激痛を与え粘膜潰瘍を生じ、嘔吐、吐血、下痢を起こし、呼吸異常及び体温異常、虚脱などの症状とともに、蛋白尿、尿毒症を併発する。誤って摂取した場合の激痛にはモルヒネ注射を行い、牛乳、卵白、水酸化マグネシウム又は水酸化カルシウムを与える(炭酸塩、重炭酸塩の投与は避け、胃洗浄は行ってはならない)。
5.皮膚についたら十分に水洗し、程度が大きい時は医師に相談する。
(取扱上の注意)
皮膚、その他不要の物に付着しないように注意して取扱う。
(保管上の注意)
気密容器、火気を避けて保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。