日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ニゾラールクリーム2%基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:ケトコナゾールクリーム

製薬会社:ヤンセンファーマ

薬価・規格: 33.4円(2%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗真菌薬(外用薬)詳しく見る

  • 真菌(かび)を障害する抗真菌作用により、白癬菌やカンジダなどの感染による症状を改善する薬
抗真菌薬(外用薬)の代表的な商品名
  • クレナフィン
  • ニゾラール
  • アスタット
  • ラミシール
  • ルリコン
  • ルコナック

効能・効果詳しく見る

  • 足白癬
  • 脂漏性皮膚炎
  • 体部白癬
  • 癜風
  • 乳児寄生菌性紅斑
  • 股部白癬
  • 皮膚カンジダ症の間擦疹
  • 皮膚カンジダ症の指間糜爛症

注意すべき副作用詳しく見る

接触皮膚炎発赤皮膚そう痒皮膚刺激感紅斑皮膚糜爛皮膚剥脱蕁麻疹出血不快感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 白癬、皮膚カンジダ症、癜風に対しては、1日1回患部に塗布する
  • 脂漏性皮膚炎に対しては、1日2回患部に塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

接触皮膚炎発赤皮膚そう痒皮膚刺激感紅斑皮膚糜爛皮膚剥脱蕁麻疹出血不快感炎症

上記以外の副作用

錯感覚過敏症皮膚水疱皮膚亀裂皮膚疼痛皮膚灼熱感発疹皮膚べとつき感乾燥浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

処方理由

外用抗真菌薬この薬をファーストチョイスする理由(2019年2月更新)もっと見る

  • ・抗菌スペクトルが広く、白癬菌にもカンジダにも効くところ。(50歳代開業医、皮膚科)
  • ・皮膚科専門医に勧められ使用を続けています。クリームも好評で、特に有害事象なく使えているので、継続処方している。(50歳代病院勤務医、一般外科)
  • ・内服、外用、ともに長年使用してきたが、効能と副作用のバランスが良く、満足している。難治性の爪白癬等については専門医へ紹介する。(50歳代病院勤務医、精神科)
  • ・以前より処方しており使い慣れている。脂漏性皮膚炎にも適応がある。(50歳代診療所勤務医、総合診療科)

外用抗真菌薬この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)もっと見る

  • ・踵など、皮膚の厚い部位にもよく浸透すると感じているので。(60歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・刺激感が少なく、即効性がある。以前から使っているので副作用も含めて安心感がある。(50歳代病院勤務医、小児科)
  • ・陰部のカンジダによく使っている。(40歳代病院勤務医、小児科)
  • ・1日1回の外用で済み、効果が十分あるので。皮膚発赤などの副作用も少ない。(50歳代病院勤務医、小児科)
  • ・脂漏性皮膚炎の患者が多いので、そのぶん適用のあるニゾラールの使用頻度が高くなる。(50歳代病院勤務医、一般内科)

外用抗真菌薬この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)もっと見る

  • ・脂漏性湿疹など真菌症以外にも使える。(40歳代病院勤務医、皮膚科)
  • ・角質浸透性が高い。股部真菌症によく使う。(20歳代病院勤務医、病理科)
  • ・婦人科では真菌疾患のうちカンジダ外陰腟炎が多いが、ケトコナゾールはカンジダに対する抗菌活性が強いので気に入っている。(50歳代病院勤務医、産科・婦人科)
  • ・患者さんからニゾラールを希望され、最近はこちらをよく処方しています。患者さんは繰り返し希望されるので、副作用もなく効果も良好と考えています。(40歳代診療所勤務医、循環器内科)
  • ・接触皮膚炎をおこす頻度が他の薬剤よりは低い印象である。(40歳代開業医、皮膚科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記の皮膚真菌症の治療。
    1.白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬。
    2.皮膚カンジダ症:皮膚カンジダ症の指間糜爛症、皮膚カンジダ症の間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)。
    3.癜風。
    4.脂漏性皮膚炎。

    用法・用量(添付文書全文)

    白癬、皮膚カンジダ症、癜風に対しては、1日1回患部に塗布する。
    脂漏性皮膚炎に対しては、1日2回患部に塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例6,346例中、副作用は224例(3.53%)に計300件が認められた。その主なものは接触皮膚炎97件(1.5%)、そう痒55件(0.9%)、投与部位発赤43件(0.7%)、投与部位刺激感30件(0.5%)等であった(再審査終了時)。
    1.皮膚:(0.1〜5%未満)接触皮膚炎、皮膚そう痒、発赤、皮膚刺激感、紅斑、皮膚糜爛、皮膚剥脱、(0.1%未満)皮膚水疱、皮膚亀裂、皮膚疼痛、皮膚灼熱感、発疹、皮膚べとつき感、(頻度不明)蕁麻疹。
    2.全身障害及び投与局所様態:(0.1%未満)適用部位反応(乾燥、浮腫)、(頻度不明)適用部位反応(出血、不快感、炎症、錯感覚)。
    3.免疫系障害:(頻度不明)過敏症。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦、授乳婦及び妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、ニゾラールクリーム(2%ケトコナゾールクリーム)は、皮膚からはほとんど吸収されないが、経口投与における動物実験で催奇形作用が報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (適用上の注意)
    投与時:
    1.眼科用として角膜・結膜に使用しない。
    2.著しい糜爛面には使用しない。
    3.誤って経口摂取した場合は、適切な処置を行う。
    (取扱い上の注意)
    小児の手の届かない所に保管する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
    2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
    3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
    4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
    5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
    6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
    7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
    8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
    9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
    10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
    医師と医学研究者におすすめの英文校正