日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エクセルダーム外用液1%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:スルコナゾール硝酸塩液

製薬会社:田辺三菱製薬

薬価・規格: 22.3円(1%1mL) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗真菌薬(外用薬)詳しく見る

  • 真菌(かび)を障害する抗真菌作用により、白癬菌やカンジダなどの感染による症状を改善する薬
抗真菌薬(外用薬)の代表的な商品名
  • クレナフィン
  • ニゾラール
  • アスタット
  • ラミシール
  • ルリコン
  • ルコナック

効能・効果詳しく見る

  • 足白癬
  • 体部白癬
  • 癜風
  • 乳児寄生菌性紅斑
  • 股部白癬
  • カンジダ症の間擦疹
  • カンジダ症の指間糜爛症
  • カンジダ症の爪囲炎

注意すべき副作用詳しく見る

接触皮膚炎皮膚局所そう痒感皮膚刺激感皮膚熱感発赤皮膚腫脹感皮膚浸軟丘疹皮膚乾燥

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日2〜3回、適量を患部に塗布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

接触皮膚炎皮膚局所そう痒感皮膚刺激感皮膚熱感発赤皮膚腫脹感皮膚浸軟丘疹皮膚乾燥

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記の皮膚真菌症の治療。
    1.白癬:足白癬、股部白癬、体部白癬。
    2.カンジダ症:カンジダ症の間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、カンジダ症の指間糜爛症、カンジダ症の爪囲炎。
    3.癜風。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日2〜3回、適量を患部に塗布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例3,444例中副作用が報告されたのは57症例(1.66%)で、主な副作用(発現率)は刺激感・熱感(0.49%)、接触皮膚炎(0.46%)、そう痒感(0.26%)等であった(再審査終了時)。
    副作用が認められた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。
    皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚局所そう痒感、皮膚刺激感・皮膚熱感、接触皮膚炎、発赤、(0.1%未満)皮膚腫脹感、皮膚浸軟、丘疹、皮膚乾燥。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への使用)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への使用)
    未熟児、新生児に対する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    使用部位:
    1.眼科用として角膜・結膜には使用しない。
    2.著しい糜爛面には使用しない。
    3.刺激を生じることがあるので、亀裂、糜爛面には注意して使用する。
    (保管上の注意)
    遮光した気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正