日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エンペシドクリーム1%の基本情報

先発品(後発品あり)
一般名
製薬会社
薬価・規格
17.2円(1%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
抗真菌薬(外用薬)

真菌(かび)を障害する抗真菌作用により、白癬菌やカンジダなどの感染による症状を改善する薬

抗真菌薬(外用薬)
  • クレナフィン
  • ニゾラール
  • アスタット
  • ラミシール
  • ルリコン
  • ルコナック
効能・効果
  • 頑癬
  • 趾間白癬
  • 足部白癬
  • 癜風
  • 乳児寄生菌性紅斑
  • 斑状小水疱性白癬
  • 皮膚カンジダ症
  • カンジダ症の間擦疹
  • カンジダ症の指間糜爛症
  • カンジダ症の爪囲炎
  • 足汗疱状白癬
注意すべき副作用
皮膚炎 、 発赤 、 紅斑 、 皮膚局所刺激感 、 丘疹 、 皮膚糜爛
用法・用量(主なもの)
  • 1日2〜3回患部に塗布する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
皮膚炎 、 発赤 、 紅斑 、 皮膚局所刺激感 、 丘疹 、 皮膚糜爛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記の皮膚真菌症の治療。
1.白癬:足部白癬(足汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬。
2.カンジダ症:カンジダ症の指間糜爛症、カンジダ症の間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、カンジダ症の爪囲炎。
3.癜風。

用法・用量(添付文書全文)

1日2〜3回患部に塗布する。

副作用(添付文書全文)

承認時及び承認時以降の調査症例6,849例中131例(1.91%)に副作用が認められ、主な副作用は、刺激感(0.80%)、皮膚炎(0.51%)、発赤・紅斑(0.48%)、糜爛(0.06%)、丘疹(0.04%)等である(承認時〜1978年9月までの集計)。
次のような副作用が現れた場合には使用を中止する。
皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚局所刺激感、皮膚炎、発赤・紅斑、(0.1%未満)皮膚糜爛、丘疹。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(妊婦・産婦・授乳婦等への使用)
妊婦<3カ月以内>又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。
(適用上の注意)
1.眼科用として角膜・結膜には使用しない。
2.著しい糜爛面には使用しない。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。