日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ホソイドンゲル0.3%基本情報

後発品(加算対象)

一般名:ヘパリン類似物質ゲル

製薬会社:東和薬品

薬価・規格: 6.4円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 注射後硬結
  • 注射後疼痛
  • 外傷の関節炎
  • 外傷の筋肉痛
  • 外傷の血腫
  • 外傷の腱鞘炎
  • 外傷の腫脹
  • 血栓性静脈炎
  • ケロイドの治療
  • ケロイドの予防
  • 挫傷の関節炎
  • 挫傷の筋肉痛
  • 挫傷の血腫
  • 挫傷の腱鞘炎
  • 挫傷の腫脹
  • 痔核
  • 進行性指掌角皮症
  • 打撲の関節炎
  • 打撲の筋肉痛
  • 打撲の血腫
  • 打撲の腱鞘炎
  • 打撲の腫脹
  • 凍瘡
  • 捻挫の関節炎
  • 捻挫の筋肉痛
  • 捻挫の血腫
  • 捻挫の腱鞘炎
  • 捻挫の腫脹
  • 肥厚性瘢痕の治療
  • 肥厚性瘢痕の予防
  • 筋性斜頚<乳児期>
  • 血行障害の疼痛
  • 血行障害の炎症性疾患

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症皮膚刺激感そう痒発赤発疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を、1日1〜数回塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 血小板減少症
    • 血友病
    • 紫斑病
    • 出血性血液疾患
    • 僅少な出血でも重大な結果を来す

副作用

主な副作用

過敏症皮膚刺激感そう痒発赤発疹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 血小板減少症
    • 血友病
    • 紫斑病
    • 出血性血液疾患
    • 僅少な出血でも重大な結果を来す

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後硬結並びに注射後疼痛)、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頚<乳児期>、凍瘡。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を、1日1〜数回塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    その他の副作用(頻度不明)
    過敏症:皮膚刺激感、そう痒、発赤、発疹等[症状が現れた場合には使用を中止する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。
    2.僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    投与部位:潰瘍・糜爛面への直接塗擦を避ける。眼には使用しない。
    (取扱い上の注意)
    安定性試験:最終包装製品を用いた加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
    4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
    6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正