日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

MS温シップ「タイホウ」基本情報

後発品(加算対象)

一般名:パップ剤(4−12)

製薬会社:岡山大鵬薬品

薬価・規格: 8.8円(10g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)詳しく見る

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)の代表的な商品名
  • モーラス
  • ロキソニン
  • MS温湿布 MS冷湿布
  • ボルタレン
  • インテバン

効能・効果詳しく見る

  • 関節痛の消炎
  • 関節痛の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 打撲の消炎
  • 打撲の鎮痛
  • 捻挫の消炎
  • 捻挫の鎮痛
  • 骨折痛の消炎
  • 骨折痛の鎮痛

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発赤発疹腫脹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する
  • 2.1日1〜2回使用する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発赤発疹腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・小児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記における鎮痛・消炎:捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する。
    2.1日1〜2回使用する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    次の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には使用を中止する。
    過敏症:(頻度不明)発赤、発疹、腫脹等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤に対して過敏症の既往歴のある患者。
    (小児等への使用)
    乳幼児には刺激が強すぎることがあるので、慎重に使用する。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:次の部位には使用しない。
    1).損傷皮膚及び粘膜。
    2).湿疹又は発疹。
    3).眼又は眼の周囲。
    2.使用時:
    1).汗をかいたり、皮膚がぬれている場合は患部を清潔にふいてから使用する。
    2).入浴の30分以上前にはがす。
    3).入浴後直ちに使用しないよう注意する。
    4).本剤に触れた手で、眼、鼻腔、口唇等の粘膜に触れないよう注意する。
    (取扱い上の注意)
    1.使用残りの薬剤は袋にもどし、口を折って厳重密閉のうえ直射日光や高温の場所を避けて保存する。
    2.小児の手の届かない所に保存するよう注意する。
    3.安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、2年間)の結果、MS温シップ「タイホウ」は通常の市場流通下において2年間安定であることが確認された。
    (保管上の注意)
    遮光した気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
    2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
    3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
    4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
    5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
    6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
    7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
    8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
    9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
    10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
    医師と医学研究者におすすめの英文校正