日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ハーネシップの基本情報

後発品(加算対象)
一般名
製薬会社
薬価・規格
8.6円(10g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 関節痛の消炎
  • 関節痛の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 打撲の消炎
  • 打撲の鎮痛
  • 捻挫の消炎
  • 捻挫の鎮痛
  • 骨折痛の消炎
  • 骨折痛の鎮痛
注意すべき副作用
過敏症 、 発赤 、 発疹 、 腫脹
用法・用量(主なもの)
  • 1.表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する
  • 2.1日1〜2回使用する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
過敏症 、 発赤 、 発疹 、 腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
患者の属性に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記における鎮痛・消炎:捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛。

用法・用量(添付文書全文)

1.表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する。
2.1日1〜2回使用する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用(頻度不明)
過敏症:発赤、発疹、腫脹等[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
(小児等への投与)
乳幼児には刺激が強すぎることがあるので慎重に使用する。
(適用上の注意)
1.使用部位:次の部位には使用しない。
1).損傷皮膚及び粘膜。
2).湿疹又は発疹。
3).眼又は眼の周囲。
2.使用時:
1).汗をかいたり、皮膚がぬれている場合は患部を清潔にふいてから使用する。
2).入浴の30分以上前にはがす。
3).入浴後直ちに使用しないよう注意する。
4).本剤に触れた手で、眼、鼻腔、口唇等の粘膜に触れないよう注意する。
(取扱い上の注意)
1.使用残りの薬剤は袋にもどし、口を折って厳重密閉のうえ直射日光や高温の場所を避けて保存する。
2.原料トウガラシエキスの性質上ロットにより色調の濃淡がみられるが、含量薬効は何等変わりない。
3.小児の手の届かない所に保存するよう注意する。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。