日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フエナゾール軟膏5%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ウフェナマート軟膏

製薬会社:マイランEPD

薬価・規格: 18.9円(5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)詳しく見る

  • 抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)の代表的な商品名
  • スタデルム,ベシカム
  • コンベック,フエナゾール
  • スレンダム,トパルジック,スルプロチン

効能・効果詳しく見る

  • アトピー皮膚炎
  • 貨幣状湿疹
  • 急性湿疹
  • 口囲皮膚炎
  • 酒さ様皮膚炎
  • 脂漏性湿疹
  • 接触皮膚炎
  • 帯状疱疹
  • 慢性湿疹
  • おむつ皮膚炎

注意すべき副作用詳しく見る

発赤そう痒丘疹過敏症接触皮膚炎皮膚刺激感皮膚灼熱感皮膚乾燥腫脹潮紅

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

発赤そう痒丘疹過敏症接触皮膚炎皮膚刺激感皮膚灼熱感皮膚乾燥腫脹潮紅皮膚糜爛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.急性湿疹、慢性湿疹、脂漏性湿疹、貨幣状湿疹。
    2.接触皮膚炎、アトピー皮膚炎、おむつ皮膚炎。
    3.酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎。
    4.帯状疱疹。

    用法・用量(添付文書全文)

    本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例数13,398例中223例(1.66%)410件の副作用が報告されている。
    主な副作用は発赤117件(0.87%)、刺激感87件(0.65%)、そう痒74件(0.55%)、丘疹37件(0.28%)、灼熱感29件(0.22%)等であった(再審査終了時)。
    1.過敏症:(0.1〜5%未満)発赤、そう痒、丘疹、接触皮膚炎、(0.1%未満)腫脹、潮紅等[このような場合には、使用を中止する]。
    2.皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚刺激感、皮膚灼熱感、皮膚乾燥、(0.1%未満)皮膚糜爛等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:眼科用として使用しない。
    2.その他:基剤プラスティベース(ゲル化炭化水素)の中の流動パラフィンが分離することがあるが、効力に影響はない。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
    2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
    3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
    4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
    6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
    7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
    8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
    9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
    10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
    医師と医学研究者におすすめの英文校正