日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フエナゾール軟膏5%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
18.7円(5%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)

抗炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)
  • スタデルム,ベシカム
  • コンベック,フエナゾール
  • スレンダム,トパルジック,スルプロチン
効能・効果
  • アトピー皮膚炎
  • 貨幣状湿疹
  • 急性湿疹
  • 口囲皮膚炎
  • 酒さ様皮膚炎
  • 脂漏性湿疹
  • 接触皮膚炎
  • 帯状疱疹
  • 慢性湿疹
  • おむつ皮膚炎
注意すべき副作用
発赤 、 そう痒 、 丘疹 、 過敏症 、 接触皮膚炎 、 皮膚刺激感 、 皮膚灼熱感 、 皮膚乾燥 、 腫脹 、 潮紅
用法・用量(主なもの)
  • 本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
発赤 、 そう痒 、 丘疹 、 過敏症 、 接触皮膚炎 、 皮膚刺激感 、 皮膚灼熱感 、 皮膚乾燥 、 腫脹 、 潮紅 、 皮膚糜爛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.急性湿疹、慢性湿疹、脂漏性湿疹、貨幣状湿疹。
2.接触皮膚炎、アトピー皮膚炎、おむつ皮膚炎。
3.酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎。
4.帯状疱疹。

用法・用量(添付文書全文)

本品の適量を1日数回患部に塗布又は貼布する。

副作用(添付文書全文)

総症例数13,398例中223例(1.66%)410件の副作用が報告されている。主な副作用は発赤117件(0.87%)、刺激感87件(0.65%)、そう痒74件(0.55%)、丘疹37件(0.28%)、灼熱感29件(0.22%)等であった(再審査終了時)。
1.過敏症:(0.1〜5%未満)発赤、そう痒、丘疹、接触皮膚炎、(0.1%未満)腫脹、潮紅等[このような場合には、使用を中止する]。
2.皮膚:(0.1〜5%未満)皮膚刺激感、皮膚灼熱感、皮膚乾燥、(0.1%未満)皮膚糜爛等。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(適用上の注意)
1.使用部位:眼科用として使用しない。
2.その他:基剤プラスティベース(ゲル化炭化水素)の中の流動パラフィンが分離することがあるが、効力に影響はない。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。