日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オイラックスクリーム10%基本情報

一般名:クロタミトンクリーム

製薬会社:日新製薬

薬価・規格: 39.1円(10%10g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 湿疹
  • 小児ストロフルス
  • 神経皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚そう痒症

注意すべき副作用詳しく見る

発赤皮膚刺激感皮膚熱感皮膚ひりひり感接触性皮膚炎紅斑過敏症そう痒発疹湿疹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 高齢者(65歳〜)
    • 乳幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

副作用

主な副作用

発赤皮膚刺激感皮膚熱感皮膚ひりひり感接触性皮膚炎紅斑過敏症そう痒発疹湿疹血管浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 禁止
    • 高齢者(65歳〜)
    • 乳幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    湿疹、蕁麻疹、神経皮膚炎、皮膚そう痒症、小児ストロフルス。

    用法・用量(添付文書全文)

    症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献報告を参考に集計した。
    953例中58例(6.1%)に60件の副作用が認められた。症状として、熱感・灼熱感16件(1.7%)、刺激症状(ピリピリ感、ひりひり感等)30件(3.2%)、発赤2件(0.2%)、発赤増強・紅斑増悪7件(0.7%)、分泌物増加3件(0.3%)、浸潤傾向2件(0.2%)が認められている。
    過敏症:(頻度不明)そう痒、発疹、湿疹、紅斑、血管浮腫、(5%以上)皮膚刺激感(皮膚熱感、皮膚ひりひり感等)・接触性皮膚炎(発赤等)[このような場合には使用を中止する。なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (重要な基本的注意)
    炎症症状が強い浸出性の皮膚炎の場合には、適切な外用剤を使用し、その炎症が軽減後もかゆみが残る場合に使用する。
    (高齢者への使用)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、大量又は長期にわたる広範囲の使用は避ける。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への使用)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用は避ける[妊婦に対する安全性は確立していない]。
    (小児等への使用)
    乳幼児・小児に使用する場合には広範囲の部位に使用しない。
    (過量投与)
    1.徴候、症状:過量投与によりメトヘモグロビン血症を起こす恐れがある。
    2.処置:過量投与時のメトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行う。
    (適用上の注意)
    1.本剤の投与は、外用のみとし、内服しない(誤飲により悪心、嘔吐、口腔刺激感・食道刺激感・胃粘膜刺激感、下痢、意識消失、血圧低下、痙攣等の急性中毒症状、メトヘモグロビン血症が現れる恐れがあり、誤飲した場合は一般的な処置と対症療法を行う。誤飲によるメトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行う)。
    2.眼あるいは眼周囲及び粘膜には使用しない。
    3.本剤は金属に触れると変質することがあるので金属ベラ、金属容器の使用はできるだけ避ける(なお、ステンレス軟膏ベラを使用して小分けをすることはさしつかえない)。
    4.本剤をプラスチック容器に小分けして長期間保存した場合、変色等がみられることがあるので、できるだけ早期に使用する。
    5.塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。
    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    高温を避けて保存する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
    2. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
    3. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    4. 摘便を「2本指」で行うのは不適切では? 教えて!ハテナース
    5. COPD合併のACSにはβ遮断薬を避ける人が多い Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
    6. 嚥下痛の30歳男性、咽頭所見をどう見る? AntaaQAピックアップ
    7. 誰がWATCHMANを“watch”するのか 記者の眼
    8. 薬剤費削減のために保険者も動く、その影響は? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《4》
    9. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
    10. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
    医師と医学研究者におすすめの英文校正