日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ラクティオンパップ70mg基本情報

先発品(後発品あり)

一般名:インドメタシン貼付剤

製薬会社:テイカ製薬

薬価・規格: 16.8円(10cm×14cm1枚) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)詳しく見る

  • 炎症を引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)の代表的な商品名
  • モーラス
  • ロキソニン
  • MS温湿布 MS冷湿布
  • ボルタレン
  • インテバン

効能・効果詳しく見る

  • 肩関節周囲炎の消炎
  • 肩関節周囲炎の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 腱炎の消炎
  • 腱炎の鎮痛
  • 腱周囲炎の消炎
  • 腱周囲炎の鎮痛
  • 腱鞘炎の消炎
  • 腱鞘炎の鎮痛
  • 上腕骨上顆炎の消炎
  • 上腕骨上顆炎の鎮痛
  • テニス肘の消炎
  • テニス肘の鎮痛
  • 変形性関節症の消炎
  • 変形性関節症の鎮痛
  • 外傷後の腫脹の消炎
  • 外傷後の腫脹の鎮痛
  • 外傷後の疼痛の消炎
  • 外傷後の疼痛の鎮痛

注意すべき副作用詳しく見る

発赤発疹皮膚そう痒かぶれ皮膚ヒリヒリ感皮膚腫脹

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日2回患部に貼付する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作

副作用

主な副作用

発赤発疹皮膚そう痒かぶれ皮膚ヒリヒリ感皮膚腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作
  • 慎重投与
    • 気管支喘息
    • 感染を伴う炎症
  • 注意
    • 感染を伴う炎症
  • 投与に際する指示
    • 感染を伴う炎症

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    次記疾患並びに症状の鎮痛・消炎:変形性関節症、肩関節周囲炎、腱炎・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・外傷後の疼痛。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日2回患部に貼付する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    比較試験及び一般臨床試験における副作用は評価対象178例中31例(17.4%)に報告されたが、その症状はいずれも貼付部位に限局された皮膚症状であり、発赤、そう痒、発疹等であった。
    皮膚:(0.1〜5%未満)発赤、皮膚そう痒、発疹、かぶれ、(0.1%未満)皮膚ヒリヒリ感、皮膚腫脹[症状が強い場合は使用を中止するなど、適切な処置を行う]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤又は他のインドメタシン製剤に対して過敏症の既往歴のある患者。
    2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。
    (慎重投与)
    気管支喘息のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.消炎鎮痛剤による治療は原因療法でなく対症療法であることに留意する。
    2.皮膚の感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染を伴う炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤又は抗真菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に使用する。
    3.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には薬物療法以外の療法も考慮する(また患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する)。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊婦に対する安全性は確立していない]。
    2.他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない。
    (適用上の注意)
    1.使用部位:次の部位には使用しない。
    1).損傷皮膚及び粘膜。
    2).湿疹又は発疹。
    3).眼又は眼の周囲。
    2.使用時:
    1).汗をかいたり、皮膚がぬれている場合は患部を清潔にふいてから使用する。
    2).入浴の30分以上前にはがす。
    3).入浴後直ちに使用しないよう注意する。
    4).本剤に触れた手で、眼、鼻腔、口唇等の粘膜に触れないように注意する。
    5).必要に応じ、テープ等で保定することが望ましい。
    (取扱い上の注意)
    開封後はチャックを閉めて保管する。
    (保管上の注意)
    遮光・気密容器。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
    2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
    9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正