日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

インテバン外用液1%の基本情報

先発品(後発品あり)
一般名
製薬会社
薬価・規格
5.7円(1%1mL)
添付文書

基本情報

薬効分類
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)

炎症や痛みなどを引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬

非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)
  • モーラス
  • ロキソニン
  • MS温湿布 MS冷湿布
  • ボルタレン
  • インテバン
効能・効果
  • 肩関節周囲炎の消炎
  • 肩関節周囲炎の鎮痛
  • 筋肉痛の消炎
  • 筋肉痛の鎮痛
  • 腱炎の消炎
  • 腱炎の鎮痛
  • 腱周囲炎の消炎
  • 腱周囲炎の鎮痛
  • 腱鞘炎の消炎
  • 腱鞘炎の鎮痛
  • 上腕骨上顆炎の消炎
  • 上腕骨上顆炎の鎮痛
  • テニス肘の消炎
  • テニス肘の鎮痛
  • 変形性関節症の消炎
  • 変形性関節症の鎮痛
  • 外傷後の腫脹の消炎
  • 外傷後の腫脹の鎮痛
  • 外傷後の疼痛の消炎
  • 外傷後の疼痛の鎮痛
注意すべき副作用
発疹 、 発赤 、 皮膚そう痒 、 皮膚ヒリヒリ感 、 皮膚熱感 、 皮膚乾燥感 、 皮膚腫脹
用法・用量(主なもの)
  • 症状により、適量を1日数回患部に塗布する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
発疹 、 発赤 、 皮膚そう痒 、 皮膚ヒリヒリ感 、 皮膚熱感 、 皮膚乾燥感 、 皮膚腫脹

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作
  • 慎重投与
    • 気管支喘息
    • 感染を伴う炎症
  • 注意
    • 感染を伴う炎症
  • 投与に際する指示
    • 感染を伴う炎症
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

処方理由

NSAIDs含有塗布薬
この薬をファーストチョイスする理由(2019年11月更新)
  • ・クリームタイプで、蒸発性が少ないので、塗りやすく、評判がいい。(50歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・当法人の院内採用の外用剤であるので。患者さんからは「効果あり」との意見が多い。(60歳代診療所勤務医、一般内科)

  • ・市販されているバンテリンと同じなので説明しやすい。(50歳代開業医、循環器内科)

  • ・昔から用いていてなじみがあり、ずば抜けて他にいいものがなかった。(70歳代病院勤務医、一般内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次記疾患並びに症状の鎮痛・消炎:変形性関節症、肩関節周囲炎、腱炎・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・外傷後の疼痛。

用法・用量(添付文書全文)

症状により、適量を1日数回患部に塗布する。

副作用(添付文書全文)

承認までの臨床試験における調査症例94例中4例(4.26%)、市販後調査15,984例中140例(0.88%)、計16,078例中144例(0.90%)に副作用が認められた。主な副作用症状としては、そう痒44件(0.27%)、発疹43件(0.27%)、発赤29件(0.18%)がみられた。いずれも塗布部の皮膚症状で、投与中止あるいは投与継続中に消失している。
次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、投与中止等の適切な処置を行う。
皮膚:(0.1%〜5%未満)皮膚そう痒、発疹、発赤、(0.1%未満)皮膚ヒリヒリ感、皮膚熱感、皮膚乾燥感、皮膚腫脹。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.本剤又は他のインドメタシン製剤に対して過敏症の既往歴のある患者。
2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。
(慎重投与)
気管支喘息のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。
(重要な基本的注意)
1.消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。
2.皮膚の感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染を伴う炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤又は抗真菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与する。
3.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には薬物療法以外の療法も考慮する(また患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する)。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては大量又は広範囲にわたる長期間の投与をさける[妊婦に対する安全性は確立していない]。
2.他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。
(適用上の注意)
投与時:
1.眼及び粘膜に使用しない。
2.表皮が欠損している場合に使用すると一時的にしみる、ヒリヒリ感を起こすことがあるので使用に際し注意する。
3.密封包帯法で使用しない。
(取扱い上の注意)
注意:黄色の薬液が衣類、皮革、装身具、家具等に付着すると、変色・変質することがあるので注意する。
(保管上の注意)
1.密栓して保管する。
2.火気を避けて保管する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。