日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

次没食子酸ビスマスの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
13.2円(1g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 痔疾の保護
  • 痔疾の収れん
  • 痔疾の乾燥
  • 皮膚潰瘍の保護
  • 皮膚潰瘍の収れん
  • 皮膚潰瘍の乾燥
  • 皮膚糜爛の保護
  • 皮膚糜爛の収れん
  • 皮膚糜爛の乾燥
注意すべき副作用
頭痛 、 記憶力減退 、 集中力低下 、 振戦 、 間代性痙攣 、 昏迷 、 運動障害 、 精神神経系障害 、 過敏症状 、 刺激感
用法・用量(主なもの)
  • そのまま散布剤として使用するか、5〜10%の散布剤、軟膏又はパスタとして使用する

副作用

主な副作用
過敏症状 、 刺激感
重大な副作用
頭痛 、 記憶力減退 、 集中力低下 、 振戦 、 間代性痙攣 、 昏迷 、 運動障害 、 精神神経系障害

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 過敏症

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

次の疾患並びに状態における乾燥・収れん・保護:極めて小範囲の皮膚糜爛及び皮膚潰瘍、痔疾。

用法・用量(添付文書全文)

そのまま散布剤として使用するか、5〜10%の散布剤、軟膏又はパスタとして使用する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
1.重大な副作用(頻度不明)
精神神経系:ビスマス含有の外用剤の長期連続使用(約10年間)で、頭痛、記憶力減退、集中力低下、振戦、間代性痙攣、昏迷、運動障害等の精神神経系障害が現れたとの報告がある(これらの報告によれば、症状は使用中止後数週間〜数カ月で回復している)。
2.その他の副作用(頻度不明)
過敏症:過敏症状(刺激感等)[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(慎重投与)
本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
患部が化膿している場合には、あらかじめ適切な処置を行った後使用する。
(適用上の注意)
使用時:
1.広範囲の病変部には使用しない。
2.誤って吸入しないよう注意させる。
3.眼には使用しない。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。