日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

酸化亜鉛(山善)の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
23.1円(10g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 軽度の皮膚病変の保護
  • 軽度の皮膚病変の防腐
  • 軽度の皮膚病変の消炎
  • 軽度の皮膚病変の収れん
注意すべき副作用
過敏症状 、 発疹 、 皮膚刺激感
用法・用量(主なもの)
  • 1.外用散剤(散布剤)として15〜100%
  • 2.軟膏剤・液剤(懸濁剤・リニメント剤・ローション剤等)として2〜60%
  • 前記濃度に調製し、いずれも症状に応じ、1日1〜数回患部に適用する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 広範囲熱傷
    • 重度熱傷
    • 患部湿潤

副作用

主な副作用
過敏症状 、 発疹 、 皮膚刺激感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 広範囲熱傷
    • 重度熱傷
    • 患部湿潤

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

軽度の皮膚病変の収れん・消炎・保護・緩和な防腐。

用法・用量(添付文書全文)

1.外用散剤(散布剤)として15〜100%。
2.軟膏剤・液剤(懸濁剤・リニメント剤・ローション剤等)として2〜60%。
前記濃度に調製し、いずれも症状に応じ、1日1〜数回患部に適用する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用(頻度不明)
1.過敏症:過敏症状[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。
2.皮膚:発疹、皮膚刺激感等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.重度熱傷又は広範囲熱傷[酸化亜鉛が創傷部位に付着し、組織修復を遷延させることがある]。
2.患部湿潤している場合[酸化亜鉛が創傷部位に付着し、組織修復を遷延させることがある]。
(適用上の注意)
1.誤って吸入しないよう注意させる。
2.眼には使用しない。
(取扱い上の注意)
配合変化:本品は脂肪中の脂肪酸と徐々に反応してオレイン酸亜鉛・ステアリン酸亜鉛などの塊となる。また、バニシングクリームに配合すると、製品は乾燥性となって割れやすくなるので、これを防ぐには少量の流動パラフィンを加える(亜鉛華軟膏にラノリンを加えるのも同じ目的である)。
(保管上の注意)
気密容器。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。