日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

メサデルムクリーム0.1%の基本情報

先発品(後発品あり)

基本情報

薬効分類
副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)

抗炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬

副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)
  • ロコイド
  • リンデロン
  • ネリゾナ
  • アンテベート
  • デルモベート
  • ダイアコート
効能・効果
  • 悪性リンパ腫
  • 肉芽腫症
  • 円形脱毛症
  • 乾癬
  • 菌状息肉症
  • 毛孔性紅色粃糠疹
  • ケロイド
  • 紅斑症
  • 紅皮症
  • 固定蕁麻疹
  • サルコイドーシス
  • 家族性良性慢性天疱瘡
  • 湿疹・皮膚炎群
  • 斑状アミロイドーシス
  • 掌蹠膿疱症
  • 進行性指掌角皮症
  • 蕁麻疹様苔癬
  • ストロフルス
  • ダリエ遠心性環状紅斑
  • 中毒疹
  • 天疱瘡群
  • 日光皮膚炎
  • 肥厚性瘢痕
  • ビダール苔癬
  • 虫さされ
  • 薬疹
  • 痒疹群
  • 類天疱瘡
  • 慢性円板状エリテマトーデス
  • 扁平紅色苔癬
  • 特発性色素性紫斑
  • マヨッキー紫斑
  • アミロイド苔癬
  • 遠心性丘疹性紅斑
  • 環状肉芽腫
  • 紫斑性色素性苔癬様皮膚炎
  • 多形滲出性紅斑
  • シャンバーク病
注意すべき副作用
毛細血管拡張 、 皮膚萎縮 、 皮膚感染症 、 皮膚真菌性感染症 、 皮膚カンジダ症 、 皮膚白癬 、 皮膚細菌性感染症 、 伝染性膿痂疹 、 毛嚢炎 、 ステロイド皮膚
用法・用量(主なもの)
  • 1日1〜数回、適量を患部に塗布する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ウイルス皮膚感染症
    • 過敏症
    • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
    • 第2度深在性以上の熱傷
    • スピロヘータ皮膚感染症
    • 細菌皮膚感染症
    • 真菌皮膚感染症
    • 第2度深在性以上の凍傷
    • 潰瘍<ベーチェット病は除く>
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
毛細血管拡張 、 皮膚萎縮 、 皮膚感染症 、 皮膚真菌性感染症 、 皮膚カンジダ症 、 皮膚白癬 、 皮膚細菌性感染症 、 伝染性膿痂疹 、 毛嚢炎 、 ステロイド皮膚 、 紫斑
重大な副作用
緑内障 、 後嚢白内障 、 眼圧亢進
上記以外の副作用
ステロイドざ瘡 、 過敏症 、 皮膚刺激感 、 ステロイド酒さ 、 口囲皮膚炎 、 ほほに潮紅 、 口囲潮紅 、 丘疹 、 膿疱 、 下垂体・副腎皮質系機能抑制 、 発疹 、 魚鱗癬様皮膚変化 、 多毛 、 皮膚色素脱失 、 皮膚そう痒 、 接触皮膚炎

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • ウイルス皮膚感染症
    • 過敏症
    • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
    • 第2度深在性以上の熱傷
    • スピロヘータ皮膚感染症
    • 細菌皮膚感染症
    • 真菌皮膚感染症
    • 第2度深在性以上の凍傷
    • 潰瘍<ベーチェット病は除く>
  • 原則禁止
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 注意
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
  • 投与に際する指示
    • 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

外用ステロイド(ストロングクラス)
この薬をファーストチョイスする理由(2019年2月更新)
  • ・効果が高いと思います。集中的に使えば、大きな副作用は少ないと思います。(40歳代病院勤務医、小児科)

  • ・クリーム製剤は他のものより効果が高い。基剤が良いと思う。(40歳代病院勤務医、皮膚科)

  • ・ヒルドイドとの混合性が良いから。(60歳代開業医、小児科)

外用ステロイド/strong
この薬をファーストチョイスする理由(2017年7月更新)
  • ・効果と安全性のバランスが良い。刺激が少なく、高齢の患者にも使いやすい。(40歳代開業医、皮膚科)

  • ・メサデルムには保湿剤のスクワランが入って入り、塗り心地が良いため。(60歳代開業医、一般内科)

  • ・アトピー性皮膚炎などに処方しています。効果は高いと思います。(40歳代病院勤務医、小児科)

  • ・年齢、症状、使用部位を考えて使えば、局所副作用は少ないです。(60歳代開業医、皮膚科)

  • ・リンデロン−VG軟膏は余計な抗菌薬が入っているので使用は慎むべきだが、それしか採用していない病院も多い。メサデルムは勤務先の病院で唯一採用されている抗菌薬抜きの外用ステロイドなのでこれしか出しようがないが、基本的に効果に大差はないと思っている。非ステロイド系の「スタデルム」と名前が似ているため紛らわしいという問題はあるが。(30歳代病院勤務医、小児科)

外用ステロイド/strong
この薬をファーストチョイスする理由(2016年3月更新)
  • ・安定した効き目と少ない副作用で使いやすい。剤型も、軟膏、クリーム、ローションの3種があり非常に使いやすい。(40歳代診療所勤務医、皮膚科)

  • ・あくまで皮膚科専門医に紹介前の段階として、強いステロイド薬を短期間のみ処方し、効果を見極めます。効果が無ければすぐ皮膚科専門医へ。漫然とステロイド外用薬を処方しない事を第一に考えています。(50歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・ローションが使いやすく、患者の評判も良い。(60歳代開業医、一般内科)

  • ・ストロングクラスから選ぶならこれ。通常は、アンテベートを使用してしまう。一番小さいものを使い切るように渡して、なくなったらきてもらう。なくなったあとも漫然と使う事はしない。(50歳代病院勤務医、心臓血管外科)

  • ・クリームが軟膏に近い感覚でよく処方する。(50歳代開業医、一般内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、虫さされ、薬疹・中毒疹、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、紅皮症、慢性円板状エリテマトーデス、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、斑状アミロイドーシス、天疱瘡群、家族性良性慢性天疱瘡、類天疱瘡、円形脱毛症。

用法・用量(添付文書全文)

1日1〜数回、適量を患部に塗布する。

副作用(添付文書全文)

承認時及び再審査終了時における副作用評価可能症例は16,618例であり、副作用発現率は1.1%(182例)であった。主な副作用は毛包炎・せつ0.3%、ステロイド潮紅・毛細血管拡張0.2%、皮膚萎縮0.2%、ざ瘡様発疹0.1%、刺激感0.1%、真菌感染0.1%等であった。
1.重大な副作用(頻度不明)
緑内障、後嚢白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意する。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、後嚢白内障、緑内障等が現れることがある。
2.その他の副作用
1).皮膚感染症:(0.1〜5%未満)皮膚真菌性感染症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)、皮膚細菌性感染症(伝染性膿痂疹、毛嚢炎等)<密封法(ODT)の場合に起こりやすい>[処置:適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状がすみやかに改善しない場合には使用を中止する]。
2).その他の皮膚症状:(0.1〜5%未満)長期連用によりステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、ステロイドざ瘡、(0.1%未満)長期連用により魚鱗癬様皮膚変化、多毛、皮膚色素脱失、(頻度不明)長期連用によりステロイド酒さ・口囲皮膚炎(ほほに潮紅、口囲潮紅等、丘疹、膿疱、毛細血管拡張を生じる)[処置:前記症状が現れた場合には徐々にその使用を差しひかえ、副腎皮質ステロイドを含有しない薬剤に切り替える]、(0.1%未満)皮膚そう痒、接触皮膚炎。
3).過敏症:(0.1〜5%未満)皮膚刺激感、(0.1%未満)発疹[処置:投与を中止するなど適切な処置を行う]。
4).下垂体・副腎皮質系機能:(頻度不明)大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により下垂体・副腎皮質系機能抑制。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.細菌皮膚感染症・真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症[免疫を抑制し、感染症が悪化する恐れがある]。
2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
3.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れがある]。
4.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[組織修復・肉芽形成を抑制し、治癒が遅延する恐れがある]。
(重要な基本的注意)
1.皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合にはあらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか又はこれらとの併用を考慮する。
2.大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状が現れることがある。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避ける[妊婦に対する安全性は確立していない]。
(小児等への投与)
長期・大量使用又は密封法(ODT)により、発育障害を来す恐れがある。また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意する。
(適用上の注意)
1.使用部位:眼科用として使用しない。
2.使用方法:患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意する。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。