日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コムクロシャンプー0.05%の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
26.2円(0.05%1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)

抗炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬

副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)
  • ロコイド
  • リンデロン
  • ネリゾナ
  • アンテベート
  • デルモベート
  • ダイアコート
効能・効果
  • 頭部尋常性乾癬
注意すべき副作用
過敏症 、 灼熱感 、 疼痛 、 そう痒感 、 浮腫 、 蕁麻疹 、 発疹 、 紅斑 、 接触性皮膚炎 、 皮膚感染症
用法・用量(主なもの)
  • 1日1回、乾燥した頭部に患部を中心に適量を塗布し、約15分後に水又は湯で泡立て、洗い流す
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 頭部潰瘍性病変
    • 頭部皮膚感染症

副作用

主な副作用
過敏症 、 灼熱感 、 疼痛 、 そう痒感 、 浮腫 、 蕁麻疹 、 発疹 、 紅斑 、 接触性皮膚炎 、 皮膚感染症 、 毛包炎
上記以外の副作用
ざ瘡 、 皮膚不快感 、 毛細血管拡張 、 皮膚萎縮 、 皮膚乾燥 、 脱毛症 、 皮膚刺激感 、 皮膚ツッパリ感 、 皮膚色素沈着 、 膿疱性皮疹 、 毛髪成長異常 、 多毛 、 クッシング症候群 、 副腎皮質系機能抑制 、 急性副腎皮質機能不全 、 眼刺激 、 眼部刺痛 、 眼灼熱感 、 眼異常感 、 霧視 、 緑内障 、 中心性漿液性網脈絡膜症 、 頭痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 頭部潰瘍性病変
    • 頭部皮膚感染症
患者の属性に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

頭部尋常性乾癬。

用法・用量(添付文書全文)

1日1回、乾燥した頭部に患部を中心に適量を塗布し、約15分後に水又は湯で泡立て、洗い流す。

副作用(添付文書全文)

国内第3相臨床試験において、本剤を投与した78例中、本剤による副作用は認められなかった(承認時)。
その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。
1.過敏症:(頻度不明)灼熱感、疼痛、そう痒感、浮腫、蕁麻疹、発疹、紅斑、接触性皮膚炎[このような症状が現れた場合には、使用を中止する]。
2.皮膚感染症:(頻度不明)毛包炎、ざ瘡[このような症状が現れた場合には、適切な抗菌剤、抗真菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、本剤の使用を中止する]。
3.その他の皮膚症状:(頻度不明)皮膚不快感、毛細血管拡張、乾癬悪化、皮膚萎縮、皮膚乾燥、脱毛症、皮膚刺激感、皮膚ツッパリ感、皮膚色素沈着、膿疱性皮疹、毛髪成長異常、多毛。
4.下垂体・副腎皮質系:(頻度不明)クッシング症候群、副腎皮質系機能抑制[大量又は長期にわたる広範囲の使用により発現した事象。投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性がある場合は、患者の状態を観察しながら徐々に減量する]。
5.眼:(頻度不明)眼刺激、眼部刺痛、眼灼熱感、眼異常感、霧視、緑内障、中心性漿液性網脈絡膜症。
6.その他:(頻度不明)頭痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.頭部皮膚感染症のある患者[感染を悪化させる恐れがある]。
3.頭部潰瘍性病変のある患者[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅れる恐れがある]。
(重要な基本的注意)
1.本剤投与中には患者の病態を十分観察し、投与4週間を目安に本剤の必要性を検討し、漫然と投与を継続しない。
2.本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は使用を中止する。
3.眼及び眼瞼皮膚へ付着した場合、白内障、緑内障を含む眼障害が発現する可能性があるので、眼及び眼瞼皮膚へ付着しないよう注意し、付着した場合は直ちに水で洗い流す。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には使用しないことが望ましい[動物実験(ラット)で催奇形作用が報告されている]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
(適用上の注意)
1.使用時:
1).薬剤の浸透性が高まる可能性があることから、塗布部位を覆わない。
2).眼及び眼瞼皮膚へ付着しないよう注意し、付着した場合は直ちに水で洗い流す。
2.使用後:本剤使用後は、完全に洗い流し、よく手を洗う。
3.保管方法:
1).本剤を子供の手の届かない、高温にならない所に保管する。一般のシャンプー等と区別して保管する。
2).開封後、6カ月以上経過したものは使用しない。
(その他の注意)
乾癬患者に長期大量使用した場合、治療中あるいは治療中止後、膿疱性乾癬がみられたとの報告がある。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。